スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑う犬2008秋 

笑う犬2008秋を見た。ものスゲー笑ったwww
いやー、面白かった。この間のボキャブラがイマイチだったせいもあって、あんまり期待してなかったんだけど、とんでもなく笑ったわ。初見の人はどうだか知らないけど、昔見てた人は相当笑えたんじゃないかと。サチが出てこなかったらどうしようかと思ったぜ・・・。
個人的にナンチャンが出てきた辺りで笑う犬はつまらなくなったと感じていたんだけど、今回はナンチャン加入前のネタが多かったのも好印象。

しかし12月に、今回放送しなかったコント入れて2枚組DVD出すよって、今日のは壮大な宣伝かよw
いやまぁ面白かったんで良いんですけども。DVDには今日の放送分も入るんだろうか。タイトルが笑う犬2008秋となっていたからきっと入るよね?

と、思って公式見たら1枚目にはTV放送分が入るらしい。
笑う犬2008秋 公式サイト

これだけ面白かったら、過去の笑う犬DVDも売れそうね。
好きだったトシとサチが入ってるやつだけでも買おうかな。

笑う犬の生活 DVD Vol.1 てるとたいぞう完璧版笑う犬の生活 DVD Vol.1 てるとたいぞう完璧版
(2000/12/20)
小松純也内村宏幸

商品詳細を見る
笑う犬の生活 DVD Vol.2 小須田部長全遍歴笑う犬の生活 DVD Vol.2 小須田部長全遍歴
(2000/12/20)
小松純也内村宏幸

商品詳細を見る
笑う犬の生活 DVD Vol.3 小松悪魔のお蔵入りDVD笑う犬の生活 DVD Vol.3 小松悪魔のお蔵入りDVD
(2000/12/20)
内村光良、

商品詳細を見る
笑う犬の生活 ベストセレクション ミル姉の涙 + トシとサチと空 + 土下座の心笑う犬の生活 ベストセレクション ミル姉の涙 + トシとサチと空 + 土下座の心
(2000/12/20)
内村光良、

商品詳細を見る


【追記】
amazonで笑う犬2008秋のDVD予約が始まってた。
予約価格で6400円弱かぁ。ゲーム一本分くらいだなぁ。買おうかなぁ。
それにしてもamazonのDVD値引率はなんでこんなに高いんだろう。こんなんで儲け出るんだろうか。

笑う犬2008 秋DVD-BOX笑う犬2008 秋DVD-BOX
(2008/12/17)
内村光良南原清隆

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ナンバー23@DVD 感想 

ナンバー23 75点

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション


ネタバレなし。
世の中の物事は大概「23」に関連してるんだぜ!というCMを見て以来、それにどうやってオチをつけるんだろと思って気になっていた映画。
予備知識が殆ど無いまま、なんとなくサスペンスミステリなんだろうと思いつつ見始めたものの、中盤辺りで、ちょっとコレ、実はアレ系の映画なんじゃね?という香りが漂い始めた時はどうしようかと思ったw

まぁ最終的には落ち着くところに落ち着いたって感じでしょうか。オチは丁寧すぎるほどきっちり書いているので、どちらかと言うと否の方が多そうな気もするけど、個人的にはこれで丁度良い。

細かいツッコミどころは多いし、こりゃやられた!って感じでもないけど悪くは無かった。
若干グロシーンもあるので、苦手な人は注意されたし。そういうのダメな人はこの手の瑛が見ないと思うけど。

やきゅつくプレイ日記 6年目 

6年目。今シーズンはついに世界一に。これで一旦目標はなくなるのかな?
ペナントの方は、2位と最終的に15ゲーム差位つくという、独走状態でした。

【6年目】
チーム打率:.275(リーグトップ)
チーム防御率:2.92(リーグ2位)

この年は皆藤の年。ちなみに皆藤はオリジナルかと思ってたけど、ハンカチ王子こと斉藤投手なのね。
皆藤は最多勝、最優秀防御率、最優秀賞率、MVPを獲得。凄いね。大竹は今年も最多奪三振。3年連続。
打者の方では、ルーキーの落合が新人王を獲得しました。他タイトルは他チームに全部持ってかれた・・・。

-主要メンバー-
先発:皆藤、由規、江川、大竹、岸
セットアッパー:江夏豊
抑え:村田兆治

1:ツヅキ(中)
2:大石(二)
3:長嶋(三)
4:落合(一)
5:ガーベラ(捕)
6:ウィリス(左)
7:真弓(右)
8:西岡(遊)

江夏をトレードで、村田をドラフトで獲得して、先発以降の補強を図ったものの、結局江夏は5点台、村田も3点台後半の防御率であった・・・。
シーズン途中に獲得した新外国人のウィリスは、昔うちのチームに同名の外国人がいたけどそれとは別人っぽい。なかなかの活躍ぶり。
ツヅキ(イチロー)、西岡は相変わらず能力ほどの活躍はできず。なんでだろう。

中継ぎ以降をなんとかするにはどうしたら良いんだー。

トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ ファーストインプレッション 

トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ 特典 トラスティベルナビゲーションDISC付き


何気にamazonから発売日の翌日に届いてました。やきゅつくに夢中になってたので、ようやく1時間ほどプレイした。お手軽ってのは実は恐ろしいね>やきゅつく
そんなこんなで今更ファーストインプレッション。

箱○を持っていないので、初の和製RPG。今のところかなり好印象。
まず戦闘が面白い。アクション要素が多めで、退屈しない。まぁここは賛否両論あるとは思うけど。日向と日陰で必殺技が変わるのも意外と斬新で良い。
テイルズはSFCのファンタジアを序盤で投げて以来やってないけど、最近の3Dテイルズはこんな感じなんですかね。トラクレだからスターオーシャンがこんな感じなのかも知れん。SOシリーズも殆どやらずにここまで来てしまった。PSP版は1を買ったけど色々あって序盤で手放した。

チュートリアル関係もしっかりしてるし、自分のような説明書を読まないような人にも優しい仕様。最近はみんなこんな感じか。セーブポイントがこまめにあるのも好印象。昔はこんなに頻繁にセーブポイントがあるなんて考えられなかったなぁ。立ち上げた時にニューゲームにカーソルが合わさっているのはいただけないけど。

音楽も今のところまずまず。好きな方。今後にも期待。
ストーリーは謎が多すぎてよく分かりませんな。オープニング(?)はかなり微妙な感じだったけど、始まってからは悪くない。ムービーはFFも真っ青なくらい大目。最初だけなのかどうなのかは今のとこと不明。
グラフィックも美麗。初和製RPGという贔屓目はあるかも知れないけど。

まぁRPGはシナリオの良し悪しが結構重要なウェイトを占めると個人的には思っているので、現段階では強烈なオススメは出来ないけど、ここまでのところはかなり良質なRPGですよ。箱○版より売れてないみたいだけど、もうちょっと売れても良いと思います。

鹿島アントラーズモデル携帯電話 

オフィシャルにアントラーズモデル携帯発売のニュースキタテ━━━ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ━━━!!!!
「鹿島アントラーズケータイ」を全国で販売開始

以前噂に上がって以来、音沙汰がなかったので、てっきりガセかと思ってたけど、発売されるのかー。最近アントラーズ絡みで良いことないし、ちょっと凹んでたんだけど、これは良いニュース。
しかしスペックオタク的にはreはかなり物足りない・・・、まぁ出るならこれだろうなとは思っていたけども。

3000台限定らしいけど、予約できるのかな。そもそもそんなに需要が無いような気はしないでもないが。re本体と外装で、機種変(シンプルコース)だと余裕で50000円超えるし。その上、これ出る頃には秋冬の社内発表会も終わってるので、リーク情報出揃ってるだろうしなぁ。
まぁスペックオタではない一般人は、あんまりその辺気にしないで普通に買うんだろうか。よく分からん。

迷うところだなぁ。

やきゅつくプレイ日記 5年目 

5年目。ついにリーグ優勝を遂げた。4年目までキャッチャーが中日の田中だったんだけども、これを今シーズンから外国人のワールドクラス(って野球では言わない気がするけど)に代えたところ、防御率が大幅に下がった。やっぱりキャッチャーも大事なのね。
日本一になったけど、2シーズンに一回しかアジア選抜、世界選抜との試合はないので、そのままシーズン終了でした。

【5年目】
チーム打率:.279(リーグトップ)
チーム防御率:2.95(リーグ2位)

由規が19勝で最多勝、最優秀勝率、MVPを獲得。防御率も1位の岩隈の1.85と遜色のない1.88でした。育ててきた甲斐がありました。ドラフトで獲った江川卓が新人王。大竹が二年連続で最多奪三振を獲得。
先発は皆藤2.02、江川2.34、大竹、岸が3.8台とかなり良かったものの、今シーズンもやはり中継ぎ、抑えが足をひっぱりました。他のチームの抑えはみんな1点台なのに、うちの抑えの与田は5点台・・・。

-主要メンバー-
先発の柱:皆藤、由規、江川
セットアッパー:荻野
抑え:与田

1:ツヅキ(中)
2:大石(二)
3:サムウェル(一)
4:ガーベラ(捕)
5:竹原(左)
6:長嶋茂雄(三)
7:真弓明信(右)
8:西岡(遊)

ツヅキことイチローは相変わらずイマイチな活躍ぶり。打率が3割に届きません。ガーベラは開幕前に獲得、長嶋はドラフトで。真弓はシーズン途中にトレードで獲得。
真弓は、能力的には大したことないんだけど、なかなかの活躍ぶり。長嶋はルーキーイヤーから大活躍。江川がいなければ新人王取れたのになー。
西岡は、前年まで居た川崎がFAで出て行ってしまったので、FAで獲得。能力の割にあんまり良い数字は残せておりません。

来シーズンは中盤、抑えをなんとかしたいけれども・・・。
それにしても他のチームの主力の年俸が酷い。上原とか20億ですよw
これじゃFAでも獲れないし、ドラフトで出てくる過去の名選手を集めるしかないよなー。うちは相当年俸ケチってるのに、財政はカツカツですよ。

アデレードユナイテッドFC × 鹿島アントラーズ(観戦52回目) 

9月24日 アジアチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 第2レグ
Hindmarsh Stadium

ホームの第1レグは1-1の引き分けと言う事で、点を取らないとどうしようもないアントラーズ。しかし要の満男は長期離脱、戦術的に重要なSBもイバが怪我でいない。本山も怪我明けと、なかなかに苦しい状況。

そんな中始まった試合、アデレードはホームらしくガンガン出てくる。特に篤人の裏のスペースを徹底的に突いてきて、危険なシーンが頻発。ただ、最後のところの正確性を欠いていたので事なきを得た。

10分過ぎにはアントラーズも反撃。本山から篤人→ダイレクトで興梠に出してシュートまで行くもキーパーに阻まれた。アデレードのキーパーは今日の試合かなりの活躍具合だった・・・。

このチャンスはあったものの、基本的にはアデレードが攻め込む展開。何度も超決定機を作られるが、ミスに助けられ、前半は0-0で終了。
前半おじさんが持ち前のキープ力でファウルを貰いまくっていたけど、それを生かせなかった。

後半、スコアレスドローでも良いからなのか、アデレードが引いてくる。そのため、開始からアントラーズが押し込む展開に。しかし真ん中を固めたアデレードの前に、シュートまでいけない。結果的にはここが最大のチャンスだった。

押し込まれていたアデレードはクリスチアーノ投入と共に盛り返す。逆にアントラーズは本山に代わって入った野沢が行方不明・・・。

後半26分、アデレードセットプレー後のセンタリングがゴール前でこぼれる。岩政が体を張ってなんとか凌ぐも続けてアデレードのターン。簡単にセンタリングを上げられたところをヘッドで決められアデレード先制。

そこからアントラーズは増田、田代を投入して攻めに攻めるも守りを固めたアデレードを最後まで崩せず、1-0で試合終了。2試合トータル2-1でアデレードが準決勝進出を決めてしまった。

アデレードはとにかく守備が堅かった。みんなでかいので、競り合いも厳しかったし。1点が遠かった。第1レグの得点も多分にラッキーな部分が多い点だったし。

逆の山では、レッズ、ガンバともに勝ったようで、準決勝はJのチーム同士の対戦の模様。うらやましい。
選手はとても頑張っていたし、負けてしまったのは仕方ない。残りのタイトル(リーグと天皇杯)目指して頑張りましょう。

それにしてもJの2チームが勝ってるだけに余計に悔しいなぁ・・・。

逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート 

逆裁オケ秋



春のコンサートに続いて、今回も行って来ました。逆転裁判オーケストラ。

パンフレットが有料で販売されるようになった(行った時には既に売り切れだったけど)からか、前回に比べて式次第が物凄くショボイものに・・・。

さて、今回のコンサートでのサプライズ発表は、各所で散々取り上げられている通り、逆転裁判が宝塚で舞台化!ってことでした。最初はねーよwwwと思ったものの、蘭寿とむさんがナルホドに扮してる映像を見たら、やっぱアリなのかもとちょとだけ思った。場合によっては観に行くかも知れないw
しかしなんでアメリカなんだろう。フェニックスじゃなくてナルホドだろうに!

2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<2~3月・宙組>

新法廷は宝塚の舞台! “逆転裁判 特別法廷2008 秋 オーケストラコンサート”で新プロジェクト“逆転裁判×宝塚歌劇”が発表に【ファミ通】

本編のコンサートの内容はどうだったかと言うと、今回は春のコンサートの再演的な位置付けだったらしく、やる曲もほぼ一緒(まぁこっちは別にこれでも良かったけど)、合間とか曲中に入るゲームキャラの掛け合いも使いまわしでかなり残念でした。春組みが結構居たのか、掛け合い時の会場の笑いもあまりなく、盛り上がりに欠けていた。巧舟氏も出演無し。5はどうなってるんだろうか。

前回は2列目だったものの、会場の端の方だったので、7列目の真ん中辺りだった今回の方が曲は聴きやすかったかも。

やった曲目以下

王泥喜 法介 ~新章開廷!~
逆転裁判1~3 法廷組曲
芝九蔵 虎ノ助 ~スウィンギン・ゼニトラ
ゴドー ~珈琲は闇色の薫り
大いなる復活 ~御剣 怜侍
逆転裁判4 法廷組曲
悪漢組曲
恋するギターのセレナード
捜査官組曲
綾里 真宵 ~逆転姉妹のテーマ
逆転裁判3・終幕
大江戸戦士トノサマン(一応アンコール)
成歩堂 龍一 ~異議あり!(一応アンコール)

と、ここまでは式次第に書いてあって、最後の最後になぜかタイホ君のテーマをやってました。なんと微妙なチョイスw
ちなみに捜査官組曲は、ブログでの投票によって演奏が決まったそうです。

それにしても、オーチャードホールは立派な会場でした。次回もやる(とも受け取れる)ことを最後に匂わせていたので、またやるのかもなー。完全新規の掛け合いがあるなら、また見たい。

やきゅつくプレイ日記 4年目 

4年目。今シーズンもペナント3位。去年よりは若干余裕を持っての3位だったものの、優勝した巨人とはやっぱり約15ゲーム差。
巨人阪神とその他のチームの差がありすぎ。二強四弱。

んでCSシリーズ、今回は最初負けちゃったので、一回やり直したら、日本一まで上り詰めました。

そしたら今年はアジアシリーズがあるとのことでアジア代表(?)と一発勝負。ここは勝てたものの、その後の世界一決定戦はあっさり敗北です。

【4年目】
チーム打率:.269
チーム防御率:4.11
チーム打率が大分下がってしまった。
防御率はかなり下がったものの、やはり最下位。ピッチャーの能力的にはそこそこのメンバーが揃っているので、キャッチャーの問題だろか。
それと先発はまずまずの結果を残しているものの、中継ぎ抑えが酷い。林は昨シーズン1点台だったのに今シーズンは5点台…

‐主要メンバー‐
先発:皆藤、由規、大竹
セットアッパー:荻野
抑え:林

1:ツヅキ(多分イチロー・中)
2:大石大二郎(二)
3:川崎(三)
4:サムウェル(一)
5:竹原(左)
6:野中(遊)
7:平田(右)
8:田中(捕)

由規(ヤクルト)と大竹(広島)はシーズン前にトレードで獲得。
後は八木(日ハム)と永井(楽天)を獲得したものの、思ったほど活躍してくれんかった。
ツヅキ、大石はドラフトで獲得。中田翔(日ハム)もトレードで獲得したけど、代打要員でした。

今シーズンの個人タイトルは大竹の最多奪三振のみ。
個人タイトルと言えば、広島の栗原が酷い。
打率:.373
本塁打:69本
打点:152点
安打:234本
どんな化け物だよw特に本塁打。ウィリスは今年も150点弱稼いだというのに!

それにしてもFC2ブログは携帯からの更新が微妙じゃのぅ・・・。

横浜FC × サンフレッチェ広島(観戦51回目 スタジアム15回目) 

9月20日 J2 第36節
ニッパツ三ツ沢競技場

080920ニッパツ


チーム数の関係で、1チームと3回戦う今年のJ2。そんなこんなで、今年2回目の横浜FC対サンフレッチェ広島戦を見てきた。

サンフレッチェは圧倒的な攻撃力で優勝に邁進中・・・らしい。しかし前回も今回もなんだか煮え切らない内容であった。
前半早々に佐藤寿人が決めてリードを奪ったのはいいものの、その後はどちらかと言うと横浜FCに押し込まれる展開。寄せが甘いので、センタリングを簡単に上げられるし、ミドルを撃ちやすい状況を作ってしまっていた。
逆に攻撃ではアイデアに欠けていたのと、サイドで勝負しないこともあって、ボールは回すものの決定的なところまで持っていけないという状況が続く。

前半はそのまま1-0で終わったものの、後半に入ると途中出場の難波に決められ同点。難波は何やら因縁があるらしく、相当ブーイングを受けていたが、きっちり決めたのは凄い。

その後サンフレッチェは高萩を投入し、攻めに出るが惜しい場面止まりで決めきれず1-1の引き分けでした。

サンフレッチェはとにかく守備が酷い。J2では圧倒的な強さを誇っているみたいだけども、このままJ1に上がってもフルボッコにされるだけのような。
もう少し改善しないとまずいと思うけどなぁ。とりあえず、バイタルエリアで寄せないのは論外だー。ハラハラドキドキ過ぎるw

柏レイソル × 鹿島アントラーズ(観戦50回目) 

9月20日 J1 25節
日立柏サッカー場

出遅れたせいで、チケットが取れなかった柏戦。結果は押し込みつつも1-1の引き分けでした。
暑い上に中二日なのに、選手の気持ちが伝わってくる熱い試合だった・・・にも関わらず、内容よりもインファイトの愚行のお陰ですっかり興ざめであった。

詳細をご存じない方はこちらの動画で。


本当に有り得ない。一回目もダメだけど、動画の中でも言っているように、二回目は有り得ない。挙句逆切れとか。元々インファイトは好きじゃないけど、それは関係なしにこれは酷い。
サポだけども、これは勝ち点剥奪等の厳罰に処すべきだと思う。やったやつは論外にしても、今までも少なからず愚行を犯してきたインファイトを野放しにしてきたチーム(フロント)も責任を問われて然るべき。
本当に気分の悪い出来事でした。鹿サポ止めようかなと思うようなことでしたよ。

せっかく熱い試合で、終了間際に気持ちで追い付いたのになぁ。
その上、前半18分に怪我で退いた満男は、なんと全治六ヶ月の重症・・・。

もうなんだか非常にがっかりな休日でした。あーあ。

やきゅつくプレイ日記 3年目 

やきゅつく3年目。ペナントレースは、ギリギリ3位に。CSシリーズに進出できました。そしたら、あれよあれよと日本一まで駆け上っちゃいましたよ。ええ。
ちなみにペナントでは首位と15ゲーム差くらいついてました。やっぱり現状のCSは微妙だと思いました。セパ合わせてトーナメントにすればいいのに。

【3年目】
チーム打率:記録し忘れ・・・今シーズンも.290弱でした。
チーム防御率:記録し忘れ・・・4点台後半。大分下がったけど、相変わらずリーグダントツ最下位でした。
やっぱり過去のデータが見れないのはダメダメだなぁ。

-主要メンバー-
エース:皆藤
セットアッパー:荻野
抑え:林

1:野中(遊)
2:川崎(三)
3:平田(右)
4:サムウェル(一)
5:竹原(左)
6:高木豊(二)
7:ウィリス(中)
8:田中(捕)

今シーズンの個人タイトルは皆藤の最多勝とサムウェルの最多安打でした。

プロ野球チームを作ろう! ファーストインプレッション 

プロ野球チームをつくろう!


止め時を失って、ついついプレイし続け、気づけば二年目のシーズンが終わりました。プレイ時間は8時間くらい?よく分からん。現時点での感想。

ちなみにやきゅつくはサターンで相当やって、DCは持ってなかったのでスルー。PS2で2作ほどプレイしたけど、あんまり記憶に無い。
サターン版やってた頃は、なんでサカつくみたいにリアル頭身じゃねーんだYO!と思っていたものですけど、いざPS2でリアル頭身になったら、やっぱデフォルメの方がいいや・・・となりましたw
なので、今回デフォルメなのは好印象。ただ、こんかい顔の違いが殆ど無いのが残念すぎる。あの味のあるデフォルメ振りが良かったというのに。

今作は、とにかくテンポが良い。なのでついつい止め時を失ってしまうんですよ。これが。携帯機かつロムなのが良いのでしょうなぁ。

やれる事は少ないので、飽きるのも早い気がするけど、個人的にはこの位の按配の方が色々考えすぎなくて良いかも。この辺も延々とプレイしてしまう一因かも。
それにしても過去のデータが見れないのはかなりマイナス。個人成績も個人賞もさっぱり見れない。こういうシミュレーションでは必須ではないのか?

ちなみにこれ、試合見るのと見ないのとでは勝率違うんだろか。サターンの頃は影響があったような。まぁ面倒なんでどっちにしろ見ないんですけどw

さて、ここからは今までの記録。
ベースチームは中日。残した選手はこちら。
投手:吉見、高橋
捕手:田中
内野:堂上
外野:平田
1年目は開幕15連敗して、まぁつくろうシリーズは序盤厳しいもんなぁとか思いつつ、このまま行ったら勝率1割切るんじゃね?と不安になる立ち上がり。しかし交流戦で急に勝ちだして、交流戦順位2位。ま、最終的には最下位だったけども、5位カープにもう少しで追い付けるところまで行きましたよ。
最終的に打撃個人賞を我がチームの助っ人外国人二人で打率、打点、本塁打、最多安打で総なめ。んで、なんで最下位なのかと言えば、投壊が酷かったからですね・・・。

【1年目】チーム打率:.289 チーム防御率:5.56

さて、2年目。前年の反省を活かし、投手補強にいそしむ。皆藤(オリジナル)、与田をドラフトで、林(巨人)、荻野(ロッテ)、岸(西武)をトレードで獲得。打線の方はFAで川崎(ソフバン)、トレードで竹原(ロッテ)を獲得した。これに1年目の途中で獲得した野中(横浜)とかなり駒が揃ってきた感じ。
これなら3位くらい行ける!と思ったものの、またもや開幕から連敗街道まっしぐら。途中から持ち直したものの、Bクラス内をうろうろし、最終的に4位に滑り込んだものの、チーム成績は期待したほどは1年目から改善されませんでした・・・。

【2年目】チーム打率:.284 チーム防御率:5.18
-主要メンバー-
先発の柱:皆藤、岸
セットアッパー:荻野
抑え:林

1:野中(二)
2:川崎(遊)
3:サムウェル(一)
4:竹原(左)
5:クロマ(右)
6:ウィリス(中)
7:田中(捕)
8:堂上(三)

ここまでやって、元々中日に居た吉見はさっぱり。高橋も能力の割に微妙な活躍。堂上は問題外。まだ若いからか?田中も微妙。平田はなかなか良い。

それにしても、まぁこれは毎作だけども、どいつもこいつも年俸アップ要求しすぎ。活躍したなら分かるが、その成績でよくもそんな事が言えるな!といった物言い。酷い。
後半になってお金に余裕があればいいんだけど、今はカツカツなんだよコノヤロウ!とか言いながらまた延々とプレイするのでした。

人のセックスを笑うな@DVD 感想 

人のセックスを笑うな 85点

人のセックスを笑うな


なんというか、恋愛のリアリティを感じた。ただ、若者は見てもよく分からんかも知れん(とか偉そうな事言えるほど人生経験豊富でもないけど)。
最近見た、「全然大丈夫」と同じように大きな盛り上がりも無く、ゆる目に進んでいくんだけど、こちらのそれは良い間になっている感じ。(もちろんジャンルは大分違います。念のため。)

ただ、ちょっと冗長なのと、やたらと引きの絵が多くて、何やってるのかよく分からん、という場面が散見されたのがイマイチだなぁ。引きは引きで狙いがあるのかも知れないけど、その辺は汲み取れ無かったよ。

ラストの方は殆ど蛇足だなぁと思ってみてたんだけど、最後の最後は個人的に良い終わり方だったなぁと思った。うん。

とりあえず、永作博美好きは見て損なし。大変可愛らしい。もうすぐ40とか信じられませんですよ。それと、蒼井優はやっぱり演技うめぇー。なんて才能だー。

トランスフォーマー@DVD 感想 

トランスフォーマー 65点

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション


とりあえず、俺の知っているトランスフォーマーはこんなんじゃないやい!ちょっとロボが人間的過ぎると言うか。ロボが有機質な感じであまり好みではないのです。ロボはもっと無機質でカクカクしてるのがいいんだ!まぁこの辺は好みかと。
そして久々にハリウッド超大作を見たけど、相変わらずストーリーはあってないようなものですなぁ。

ただ、映像は流石。金かかってる感じ。迫力満点。

そんな感じで、期待以上でも期待以下でもなかったですな。

ここ最近プレイ中のゲームとか 

公式サイト
■ラチェクラFUTURE 外伝(PS3)
2ステージクリアしたけど、今のところイマイチ。本編は、あのガンガンぶっ壊せる感じが面白かったのに、その辺に制約が多くてねぇ。

公式サイト
■グラディウスリバース(Wii)
結構最近PSPでグラディウスポータブルやってたんで、そんなに懐かしい感じはしないけど、面白い。そしてこのへっぽこな腕前では非常に難しい。でも楽しい。

プロ野球チームをつくろう!■プロ野球チームをつくろう!(DS)
やきゅつくはサターン版を死ぬほどやって、PS2版の2作をまぁそれなりにやった。それ以来のやきゅつく。
テンポよくて面白いぞ、これ。ただ、最近昔ほど野球を見てないので、選手がよくわからん。特に若手。契約更改は相変わらずムカつくw


ドラゴンクエストV 天空の花嫁■ドラクエ5(DS)
無事にクリアした。そのうちクリア後レビュー書くかも。


シークレット オブ エヴァンゲリオン ポータブル(通常版)■シークレットオブエヴァンゲリオンポータブル
積みゲー崩し。中途半端なエヴァ好きとしては悪くない。ゲームとしてはちっとも面白くないけど、エヴァの話を補間するという意味で。
そんな感じなので、原作しか認めない!というような人や、エヴァよく知らんって人にはお勧めしない。


その他、バンブラもチマチマ。今週はPS3で出るショパンを買う予定。DSのFFROFも買ったからやらないとなー。

鹿島アントラーズ × 川崎フロンターレ(観戦49回目 スタジアム14回目) 

9月13日 J1第24節
カシマスタジアム

080913カシスタ


久しぶりにホーム、カシマスタジアムへ。初めてバックスタンドに座ってみた。見やすくて良いんだけど、やっぱり物足りないのは確か。
それにしても芝の状態が酷い。病気でかなりやられてるとは聞いていたけど、回復どころかひどくなってないか?特にバクスタ側。

そうそう、話題(?)の横に付く電光掲示板、もうすぐ使用開始ってことで、もうくっついてましたよ。バックスタンド側だけに付くのでしょうか。
新電光掲示板


せっかくバクスタに座ったので、ホームとアウェイのゴール裏も撮影。フロンターレサポ多かったなぁ。

080913ホームゴール裏
080913アウェイゴール裏


さて試合。アントラーズは二列目がブラジル人コンビ。おじさんは途中投入が良いとあれ程言っているのに!CBに中田浩二。個人的にあまり信用してないナカタコ。なんか軽いんですよ。今日でそのイメージを払拭してくれ。
対するフロンターレは4-3-3。ヴィトールジュニオールが良いらしい。トップ下。レナチーニョ、我那覇がベンチ。豪華じゃのう。

前半は、どちらかというとアントラーズペースも、決めるべきところで決められない。マルキの調子もイマイチ。ピッチ状態が悪いせいか、全体的にボールも足につかない様子。そして満男は今日も狙われまくり。何度か危ない場面を招いていた。ナカタコは今日も軽かった・・・。
フロンターレの方は、中村の調子が悪いのか、特にロングパスがボロボロだった。その代わりと言ってはなんだけど、谷口が精力的に走ってゴール前にちょくちょく顔を出して危ない場面を演出。注目のジュニオールは、ドリブルが脅威。ただ、パスはそうでも無かったのは助かった。
結局お互い決めきれずに後半へ。

後半もアントラーズが比較的優勢に進める。そしてダニーロのクロスをマルキがトラップ→二人かわして冷静に決めてくれた。マルキはかなり井川に抑えられてた中で、きっちり結果を残すのは流石。
これで行けるかと思ったのも束の間、その後すぐにセットプレーから谷口に決められてしまい同点。谷口はフリーでした・・・。毎回毎回セットプレーでやられてる気がするなぁ。頼むよ。
その後、お互いに野沢、田代、レナチーニョ(これは得点の前だけど)、我那覇を投入するも、得点は奪えず1-1のドロー。
どちらにも決定機はあったものの、アントラーズのチャンスはシュートが枠に行かず、フロンターレのチャンスはソガがビックセーブを連発して得点にならなかった。

選手個々で気になったところ。
田代:前よりもよくなってきた感があった。時間短かったけど。このまま復活してくれると良いなぁ。
ダニーロ:やっぱり途中出場の方が生きると思うんだが・・・。
マルシ:イマイチ。スタメンで使う価値あるのか?本山の方が全然良いと思うのだけど。
中田:やっぱり軽い。CB起用は微妙じゃね?伊野波とかダメなの?
ソガ:ここ数年は本当にビックセーブが多い印象。これでポカが無ければ本当に良いGK。
ジュニオール:本当にドリブル怖い。エリア付近で持たれると、うわーやられるーという気分になった。これでパスが出せれば素晴らしいけどね。少なくとも今日は周りと合ってなかった。あれ?連携の問題なだけか?
黒津:殆ど消えてた。スピードを見せ付けるシーンはちょっとだけあったけど。
中村:お疲れ?あんなに酷い憲剛は見たこと無いよ。
谷口:こんなに良い選手なのにねぇ。反町はどう考えても使い方間違えたよなぁ。

それにしてもこの試合でも、またもや審判の判定が一定せずに非常に微妙だった。特に、フロンターレの選手がかなり荒っぽく来ていたところは流して、その割によく分からないところでイエローを出したりという事が続いた際には、かなり異様な雰囲気になってしまった。もう少しなんとかならんのだろうか。

今節はグランパス以外の上位陣が引き分けたので、グランパスが抜け出す形に。もううちは直接対決はないので、勝ち続けるのみだなー。

【追記】
そういえば、前に鹿島アントラーズモデルの携帯が出る、んで、カシスタでチラシが配られた、みたいな噂があったので期待して探してみたけど、見かけませんでした・・・。
続報もさっぱりないし、やっぱりガセなのかなぁ。秋冬モデル発表の時に出て・・・こないよなぁ・・・。

全然大丈夫@DVD 感想 

全然大丈夫 70点

全然大丈夫


想像してたよりも、もっとゆるーい感じだった。多少恋愛要素も絡みつつ、基本はゆるーい人たちの日常と言うか。

嫌いじゃないんだけど、人には勧めにくい。
もうちょっと盛り上がりがあればなぁといったところ。

今更忙しい人シリーズにハマる 

ニコニコは初期の頃からγくらいまで入り浸って居た訳ですが、忙しい人シリーズは今日初めて見た。クソワロタw











いやー、久々にログインしたけど、相変わらず物凄い勢いで時間を奪われるなぁ。とりあえずかなり笑えたので良しとするか。

ラチェット&クランク FUTURE外伝 海賊ダークウォーターの秘宝 ファーストインプレッション 

タイトル長げぇw
そんなこんなでラチェクラFUTUER外伝、配信開始日にダウンロードしたものの、忙しくて殆どプレイできず。ようやく3時間ほどプレイできたので今のところの感想。

良くも悪くもラチェクラFUTUREの外伝なので、本編が好きなら楽しめるだろうし、そうでなければダメだろうというような内容。ヒロインは相変わらず可愛くないw
話的には本編からの流れなので、どうせやるなら本編クリア後が吉。
ちなみに本編からの引継ぎ要素は一切無し。本編で使ってたガラメカを使いたかったんだけどなー。あ、本編には無かったアクションも追加されてます。

外伝だからなのか何なのか、求められるアクションが難しくなっているような。クランクいないからか?へっぽこな腕前な自分では結構厳しいぞ。ライフ制で死んでもすぐ復活できるけど、そういうところじゃなくて、そもそも先に進むのが困難なんだぜ。頑張ろう。
【追記】新アクションをそんな使い方しなきゃいけなかったのかよ!無理やり進んでたから大苦戦だったのか・・・。くそー。そんなん分かるかーい。

今週号のファミ通によると、ラチェクラFUTURE本編は10万本も売れてないようで。面白いのになぁ。廉価版も出てるんだし、PS3ユーザーは是非とも買ってくださいよ。
まぁSCEはその前にPS2互換有のモデルの復活をだね・・・。

ラチェクラFUTURE本編の感想はこちら下のほうに若干のネタバレあるんでご注意下さい。

ラチェット&クランク フューチャー PLAYSTATION 3 the Bestラチェット&クランク フューチャー PLAYSTATION 3 the Best
(2008/07/03)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

セレッソ大阪 × 徳島ヴォルティス(観戦48回目 スタジアム13回目) 

8月30日 J2第33節
大阪長居スタジアム

080830長居


せっかくなので観に行ってみた、セレッソ戦。J2の試合は二回目。ホームのセレッソは昇格争いに絡んでいるようで。対するヴォルティスは最下位。

それにしても長居スタジアムはでかい。5万人入るらしい。お陰で余計にガラガラ感が漂う。寂しい。そしてサポーターが二分(と言っても、バクスタ側に居る集団はとても少なかった)してしまっているそうな。
そんな長居スタジアムですが、バックスタンドは傾斜が結構あるからか、かなり試合が観やすかった。相当面白く見れました。

そしてこの試合の主審は家本氏。ゼロックス以来の再開。まさか大阪で出会う事になろうとは。ちなみに、見ていた範囲ではまともに裁いてました。

さて肝心の試合。まずヴォルティスは流石J2の最下位といった有様で、まともに攻められないし、2トップを組んでいた両外国人はちっともボールに絡まない。守備の際は3バックで空いたサイドのスペースをガンガン攻め込まれ、プレスもちっとも掛からず、と散々な印象。

ヴォルティスがそんな状況だったので、セレッソが攻め込む構図。ちなみにセレッソの中で今一番知名度が高いと思われる香川は出場停止で居ませんでした。残念。元マリノスの乾とか、フロンターレの相澤が居てびっくり。後は、元アントラーズの羽田がベンチ入りしてた。懐かしい。

セレッソは開始早々CKから先制した後も、両サイドの空いたスペースをうまく使っていた。ボランチの位置にいたジェルマーノがボールをよくボールを捌いていたのも印象的。
サンフレッチェサポの友人曰く、FWの小松が要注目だったらしいんだけど、あんまり印象に残るプレーはなかったかなー。
攻撃は良かったものの、守備は微妙で、特に両サイドバックがザル。抜かれすぎ。まぁ両サイドバックとも攻撃の時は目立っていたので、攻撃力を上げるために守備は目をつぶっているのかも。

結局、新幹線の時間もあってセレッソの3点目が入った辺りでスタジアムを後に。んで、帰りの新幹線で確認したら、ヴォルティスが2点も返していて吹いた。
とてもじゃないけど点を決められる雰囲気はなかったけどなぁ。サッカーは何があるか分かりませんな。

せっかくの良いスタジアムなので、セレッソは是非とも頑張ってJ1に上がって下さい。ヴォルティスは・・・まぁこれからのチームなのかね。
そうそう、ヴォルティスのサポは、上のほうに固まってたけど何で?屋根で声を反響させるためだろうか。しかしピッチからかなり遠くて寂しい感じだったぞ。

ヴィッセル神戸 × 鹿島アントラーズ(観戦47回目 スタジアム12回目) 

8月27日 Jリーグ第23節
ホームズスタジアム神戸

080827ホムスタ


そんなこんなで行って来ました。神戸、ホムスタ。
当日は雨が降ったり止んだりだったので、開閉式の屋根は閉まっておりました。ホムスタは最寄り駅が、神戸の中心街から近いし、駅からも近い。その上全天候型の専用スタジアムと言うことなし。良いですなぁ。

さて試合。前半、お互いに攻めていたが、うちが決め手を欠いている間に大久保にやられてしまった。
ゴール裏から見ていた感じだと、オフサイドにしか見えなかったんだけど、その後ネットで見たら、オフサイドでは無かったみたいで。
まぁ満男に対するタックルとか、結構酷いのも流してたんで、審判は微妙だったけども。

CKも合わないし、なんとなく嫌な予感も漂う後半、おじさんの投入から流れが変わる。
左サイドで見事にDFをかわしてセンタリング、それをマルキが決めて同点!目の前でゴールが見れて良かった。
やっぱりおじさんはスーパーサブだなー。
そして更にその直後にはコロが決めてくれて逆転!その後、危ないシーンもありつつもなんとか凌いで勝利。
興梠は逆転弾を決めてくれてよかったけど、超決定的なのを外したりもしてたんで、決めるところをきっちり決められるようになると、もっと素晴らしいなー。

この試合が復帰戦だった篤人は、当然ながらまだ本調子と言う感じではなかったけど、やっぱり居ると居ないとでは全然違う。
そしてこの試合でCBでスタメンだった中田も、ここ最近の試合の中ではかなり良かった方じゃないでしょうか。調子上げていって欲しいなー。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08« 2008/09 »10

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。