スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のamazonさんからのお届けモノ 

先週今週とamazonさんから色々届いた。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王 Plus(真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクル エディション同梱)デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王 Plus(真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクル エディション同梱)
(2008/10/23)
PlayStation2

商品詳細を見る


先週はライドウ新作。時間が無くて、まだ1時間くらいしかプレイしてないけど、世界観が良い。大正。
戦闘は、ヴァルハラナイツを思い出した。アクション要素強し。音楽もステキじゃのー。
ちなみに前作は未プレイ。

風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)風のクロマ (初回限定盤)(DVD付)
(2008/10/29)
レミオロメン

商品詳細を見る


レミオロメン新作。3周ほど聞いてみたけど、そこまでピンと来ないかなー。朝顔~エーテル辺りが個人的にはピークだ。ただ、Wonderful&Beautifulの時に少し戻ってきた感があったんだけど、その予感どおり、HORIZONよりはアリかな、と。
昔の方が良かったと思うのは、年食ったからなだけかも知れん。

大東京トイボックス 1 (1) (バーズコミックス)大東京トイボックス 1 (1) (バーズコミックス)
(2007/03/24)
うめ

商品詳細を見る


やたらと良い評判を聞くので、合計金額合わせに買ってみた本。ゲーム業界を描いた漫画ですな。
思った以上に面白い。ゲーム業界には全く携わってないので、どのくらいリアルなのかは知らないけど、ゲーム好きなら楽しめるんじゃないかと。
2巻買う前に、前作に当たる東京トイボックス(全2巻)を買うかなー。
スポンサーサイト

au2008秋冬モデル発表 

予定通り、27日にauの秋冬モデルが発表されましたな。
au、映像にこだわった秋冬モデル7機種を発表(ケータイWatch)
リーク情報が出回ってたので、オドロキはないものの、今までに比べたら頑張っている方ではないかと。結局アントラーズモデルのreをスルーしたので、秋冬で買うことになろう。
そして、ハイテク好きとしてはやはりカシオ、シャープ、日立のどれかになるかと。後は厚みと値段だなー。
値段はなんとなく5万オーバーとかだろうか・・・。流石にそれは出せんなぁ。
シャープの端末は液晶が3.5インチなだけあって、かなりサイズもでかそう。写真を見る限り、厚みはそうでもないのかな?

秋冬になってもデータフォルダを開く時の砂時計はご健在のようなのが残念だなぁ。詳しくは箱さんのところで。
ファーストインプレッション(箱の中身はなんじゃろな Ausf.B)

近頃時の流れが早過ぎるので、あっという間に発売されるんだろうな。

FC東京 × 鹿島アントラーズ(観戦55回目 スタジアム16回目) 

10月26日 J1第30節
味の素スタジアム

081026味スタ


昨日、2位グランパスと3位トリニータが引き分け、負けという結果だったので、ここで勝てれば優勝にかなり近づけるんじゃないかと言う一戦。
FC東京はまだ優勝の可能性は残るものの、ここ2戦で連敗しているし、最近のアントラーズのサッカーはかなり良いので、負けはないだろうと思っていたのだが・・・。

前半。東京のプレスの激しさに戸惑う。思っていた以上にコンディションが良さそう。そのプレッシャーと、豊富な運動量で数的優位を作り続ける東京の前に、アントラーズはなかなか形を作れない。
しかも東京の方は攻撃時にも運動量が多く、特にサイドで数的優位を作りまくり、チャンスを量産。前半は特に石川が目立っていた。しかし、最後のところで相手に決定力が無かったり、アントラーズDF陣が体を張った事で、前半は0-0で折り返す。思いの外厳しい展開。よく0点で抑えたなと。

後半に入ると、東京のプレスがやや緩んだ事もあり、アントラーズが攻撃をし始める。惜しいシーンもチラホラ。
そんな展開ながらも、先制点は東京。CKをうまく決められた。曽ヶ端は触っていたんだけど、あれを止めろというのは酷か。

しかしその直後、興梠が決めてくれた。うまく抜け出したマルシのアシストがよかった。前半痛んだっぽい本山に代わって後半頭から入っていたマルシーニョ。最終盤で活躍フラグか?あわや初得点というような場面もあったし。

その後もペースはアントラーズ。これは追加点も時間の問題か?と思っていた後半30分過ぎ、あっさりと追加点を奪われる。逆サイドのゴールだったので、ごちゃごちゃしているうちに入っちゃった印象。
後半の半ばからのアントラーズの守備はなぜかかなりスカスカで、更に出足が鈍く、セカンドボールを東京に奪われまくっていた。

攻めるしかないということで、アントラーズは田代投入。しかし逆に同じく交代出場の大竹に決められてしまう・・・。

これはもうダメか・・・と思ったのも束の間、田代が久々のゴール!まだ行ける!と言う雰囲気に。
だけども、最終的には東京に時間を使われたりして、崩す事が出来ず、試合終了となってしまった。

特に前半、サイドで攻守共に数的優位を作られまくっていたのが痛かった。新井場は調子もあんまり良く無さそうだったし、効果的な攻めを見せられなかった。
また、当然と言えば当然だけど、マルキが徹底マークされていて殆ど仕事をさせてもらえていなかった。ボール持ったら2,3人で囲まれてたからなぁ。

守備の方は急にどうしちゃったんだろうか。ちょっと気になる。あのスカスカ振りはないわー。

この敗戦で、J1のカオスっぷりはますます加速と言ったところか。本当にどこが優勝するか分からない。いや、最後には勝ってくれると信じてますがね。それにしても勝ち点3差に再び迫られたレッズが不気味だ・・・。

EGO-WRAPPIN' live tour "THAT'S THE SHOWTIME" 

もう昨日の出来事だけども、EGO-WRAPPIN'のライブに行ってきた。
別にEGOファンでもなかったんだけど、友人に連れられて参戦。
いやー、カッコよかった。ベストラッピン(ベストアルバム)が出たばっかりと言う事で、殆どベスト版からの曲。ベスト版は事前に友人から借りていたので、みんな聞いたことがある曲で楽しめました。

CDで聞いてもピンと来なかった曲も、ライブだと映える映える。カッコよすぎますよ。トランペットとサックスが特に良かったなぁ。

ボーカルのよっちゃんのフリーダムっぷりも凄かった。
人見記念講堂でのライブだったんだけども、間奏で客席に飛び降りて、スタッフが慌てて追いかけたりとか。本当にスタッフの人は慌ててたぞ、アレw

MCが殆ど無かったのが、個人的には残念だけども、友人によるといつもあんなものらしい。

また行きたいと思える、楽しいライブでした。やっぱりライブだなー。

鹿島アントラーズ × 京都サンガFC(観戦54回目) 

10月18日 J1第29節
カシマスタジアム

昨日はDBエラーとか言われて、管理者画面に入れなかった。土曜の夜に障害とは大変だと思うけど、ユーザーからしたら不便この上ない。まぁ無料で使わしてもらっててアレだけどさ。

相変わらず混戦のJ1。我がアントラーズは色々と問題(主にピッチ外)がありつつも、28節終わって首位。ここから全勝できれば得失点差を考えても自力で優勝できる可能性が非常に高いので、頑張って欲しいところ。

今節はヤナギがカシマスタジアムに帰還ということで是非とも行きたかったんだけど、所用で断念。サンガはメンバーだけ見ると結構豪華だと思うけど、降格争い集団と意外と近いところに居る。

試合は間が空いてコンディションが良さそうなアントラーズがペースを握る。全体的な運動量も多いし、大きな展開も出来ていて、見ていて非常に面白かった。そして、前半19分には先制点。水本に競り勝ち、しっかりゴール。背番号(13番)を指差していたのはグッと来た。

元13番のヤナギはボールによく絡んでいたけど、田原とはあんまりコンビネーションが良くないんですかね。前に観たときはフェルナンジーニョと絶妙なコンビネーションを見せていたけど、そのフェルナンジーニョは今日は怪我で欠場。

先制後もアントラーズが攻めるも、追加点を奪えず。このまま前半終了かと思った終盤に、角田のクロスを田原にうまく決められ同点に。嫌な時間に追い付かれた。まぁあれは仕方ない。決めた方が凄い。

後半に入ってもアントラーズペースが続き、勝ち越し点をマルキが決めてくれた。ゴール前でのあの落ち着きは何なんでしょうか。異常。味方としてはとんでもなく頼もしいけど。
その後、本山のすんばらしいスルーパスからイバが決定的チャンスを迎えたりするものの、決める事は出来ず、2-1で終了。やっぱり本山はステキだなぁ。イバも調子が良さそうで何より。

全体的に快勝と言って良いデキでした。守備も決定的なシーンは作らせなかったし。ちょっとバイタルエリアを空けすぎてた感があって、ミドルを結構撃たれてたのは気になったけど。相手が枠を外してたので事なきを得たけど、ちょっとヒヤリとする場面も。

その他で気になった事としては、やっぱりおじさんは途中投入が良いなぁと。野沢の復活はまだか!マルシは何をしてるんだ!でも田代もおじさんも居ないと高さ的に厳しいんだよなぁ。うーむ。
それと今日も主審が酷かった。意味分からんところでカレー券出してました。判定も一定しないしなぁ。もう少し頑張ってくれよ、いい加減。

トリニータ以外の上位陣が揃ってコケてくれたので、やや抜け出しかけな感じ。このまま残り五試合頼みます。

PS3 システムソフトウェア メジャーバージョンアップ 

来てましたよ。ver.2.5。公式サイト
今回のアップデートで個人的に大きいのは、動画の連続再生と、クロマアップサンプリング再生ですかねー。この調子で動画のプレイリスト対応も頼みます。

それにしても、AV機器としては本当に破格のお値段ですよ、PS3。最近のはSACD再生できないけど、それでも全然お得。

これでゲームも充実してくればなぁ。やはりまだまだ人には勧め辛いのですよ。PS2互換もないし。重ね重ね勿体無いハードだよなぁ。PS3

着信アリFinal@DVD 感想 

着信アリFinal 20点

着信アリFinal スタンダード・エディション


何かのDVDの宣伝に入っていて、そこそこ面白そうだったのでレンタル。ホラーは元々好きなので。
ちなみに無印着信アリと着信アリ2は未見。

んで、まぁあんまり期待せずに見てみたところ、予想の斜め上を行く酷さで笑った。夜中に暗い部屋で一人見たのに、ホラー映画を見て笑ったのは初めてだわ。コレは凄い。
設定もストーリーも破綻しまくりで、これで飯が食えるなんて羨ましすぎるぜ!と言ったような内容。とにかく酷い。多少評価出来るのは、死に方のレパートリーくらい。まぁこの辺もどうやら前二作より微妙らしいけど。

韓国ロケの意味もさっぱりないしなぁ。とにかくビックリする位酷いので是非w
(他の人の感想読んだら、2より良いって評価が多くてビビッたけど。これより酷いってどんだけだよw)

Perfume First Tour 『GAME』が届いた 

Perfume First Tour 『GAME』


amazonから本日到着。まだ途中までしか見てないけども、FAN SERVICEの頃と比べて出世したなぁという印象。
ZEPP TOKYOなんで、大きな箱ではないのだけど、それでもFAN SERVICEに比べたら雲泥の差ですよ。今や武道館も瞬殺される勢いだものねぇ。色々と感慨深い・・・。
ラジオ好きとしては売れてもラジオは続けて欲しかったなぁとか。あんまり関係ないことも思ったりした。

それにしても、のっちのキレの良さは異常。
内容は今のところ満足であります。

【追記】
事前知識全くなしで見てたんだけど、今回コメンタリーが収録されてたのね。最初喋りっぱなしなのかと思ったけど、途中途中で3人の掛け合いが入る感じ。全編しゃべりっぱなしが良かったなぁと思うのは贅沢か。なんとなくラジオを思い出したよ。
ちなみに、収録されてる公演時、あ~ちゃんは首を痛めていたそうで。なんとなくキレが無いなぁと思ったのはそのせいなのかそれとも気のせいか。

新型PS3 

ファミ通フラゲ情報によると、新型PS3の情報が出たようで。
詳しくはげーむにゃーすさんのところで。

結局コントローラー変えて、HDDの容量増えただけかー。(中身も多少変わってるかも知れないけど)
最低でもPS2互換復活が欲しかったのにのぅ。実質値下げではあるものの、これじゃ全然起爆材料にならんと思うのは自分だけではあるまい。

筐体もかなり大きいので、せめてこれを小さくするとか出来なかったものか。個人的にはこの高級感は大変気に入っているのだけど、一般の人からするとでか過ぎて邪魔、となるような気がする。

こりゃホントに以前ニュースに出たように、マイナーバージョンアップのPS4が意外と早く出てしまうかも知れませんなぁ。良いハードなのに。PS3

ミスト@DVD 感想 

ミスト 90点

ミスト コレクターズ・エディション


何の予備知識もなしに観始めたミスト。これは凄い。
ジャンルはパニックホラーになるのかな。ホラーと言っても、お化け関係じゃないです。ただ、かなりグロが多いので、その辺は覚悟して観るのがよろしい。

展開自体はこの手の話としてはベタなものが多いんだけど、演出と演技が良いからか、とにかく緊張感に溢れている。観終わったらどっと疲れたよ。

この映画は、ネタバレしちゃうとホントに勿体無い事になるので、出来るだけ予備知識なしに観ていただきたい。
ただし、一つだけ言っておくと元気な時に観るのが良いでしょう。これだけはガチ。

シークレット オブ エヴァンゲリオン ポータブル クリア後レビュー 

シークレット オブ エヴァンゲリオン ポータブル 70点

シークレット オブ エヴァンゲリオン ポータブル(通常版)


エヴァゲーに当たりなし、な感じの昨今。個人的にサターンで出た2nd impressionは今でも名作だと信じているけども。後、デジタルカードライブラリもはまったなぁ。でも1作目はクソだから気をつけるんだ!

それは良いとして、シークレットオブエヴァンゲリオンですよ。世間的な評判は他のエヴァゲーと同じようにかなり低いんだけども、安かったので買ってみた。個人的には意外にもそこそこ満足なデキでしたよ。
今作は、マルチエンドらしいんだけど、とりあえずクリアしたのはアスカエンド(?)のみ。その時点での感想。プレイタイムは謎。

【ストーリー】
テレビ版のストーリーを元に、その裏側で起きていた事柄が進行していくというような内容。個人的に謎に思っていた事象がそれなりに判明した事が何より良かった。この辺はエヴァンゲリオン2をプレイしてると分かるっぽいんだけど、あれはめんどくさくて途中で投げたからなぁ。謎は気になるけど、あのゲームデザインではプレイし続けるのは困難。
話としては、後付にしては頑張ってる方じゃないかと。無理やり感は漂うけど。
ちなみに、このゲーム単体でやっても話がさっぱり分からないので、注意。テレビ版を熟知しているのが前提。まぁエヴァ知らん人がこのゲームやるとは思えないけど。

【システム】
セーブ&ロードの繰り返しが必須なのはいただけない。相当面倒。セーブ、ロードの時間が短いのがせめてもの救い。
それと、マルチエンドだけあって、繰り返しプレイが大前提にも関わらず、既読スキップが無いのもいただけない。ログも見れるものの、見れる範囲が狭すぎる。もうちょっと頑張ってくれ。

【グラフィック、音楽】
音楽は原作の音楽をふんだんに使っている事もあり、雰囲気が出ている。しかしグラフィックはかなり酷い。お前ダレだよ、みたいな絵もちょいちょい出てくるし。
合間合間にテレビ版のアニメが挟まれたり、フルボイスだったりするのは良いんだけどなー。とにかく1枚絵が酷いよ。

【雑感】
色々とまずい点は多いものの、特に終盤にかけてはストーリーで引っ張られた。微妙な恋愛要素はいらなかったのになぁとか思うけど。ただ、エヴァをよく分からん人は言うに及ばず、エヴァが物凄い好きな人もダメかもしれない。自分くらいゆるーくエヴァ好きなら許容できる範囲のお話じゃないかと。

ところで新劇場版の破はマダー?

FC東京 × 清水エスパルス(観戦53回目) 

10月4日 J1 第28節
味の素スタジアム

暫く見ないうちに好調らしいFC東京。どんな感じなのか期待しつつ観戦。
いつの間にやら3トップになったようで、カボレが左ウイングの位置。実際はかなり中に入ってきていることが多かったけど。真ん中はチーム同様好調らしい赤嶺。

試合は、開始早々は東京ペース。しかしエスパルスの守備は堅く、なかなか崩せない。対するエスパルスの方は、西澤が怪我でいないからか、前線にボールが収まらず、ミドルシュートまでしか行けないといった序盤。
このミドルシュート、最初は全く怖さが無かったものの、東京がバイタルエリアをスカスカに空けていた事もあり、徐々に危険な雰囲気に。そうこうしているうちに、エスパルスの山本が見事なミドルシュートを突き刺す。

それにしてもなんでこんなにFC東京のDFはスカスカなのか。ホントに好調なの?と言った状況。
東京がその後も攻めあぐねている間に、エスパルスのCKで塩田が飛び出すも触れず、エスパルス追加点。更には前半ロスタイム、原に決められなんと前半だけで0-3。

こりゃ終わりかなぁと思った後半、東京は大竹とエメルソンを頭から投入。そして、エスパルスが引いてきた事もあり、東京のターン到来。何度も惜しいシーンを作り出す。
エスパルスはどう見ても引きすぎで、中盤に誰もいないため、セカンドボールをことごとく拾われる始末。こりゃ失点は時間の問題かなぁと思っていると、代わって入ったエメルソンが見事なプレーで1点を返す。

もう一点入れば、どうなるか分からんなこりゃと思ったんだけども、ここで長谷川健太が動く。山本に代えてマルコスパウロ投入。これが効いて、東京は途端に攻められなくなる。
攻め手が無くなった東京は平山を投入するも効果は薄く、逆にカウンターから2点加点されてしまい、惨敗。結局1-5となりました。

東京は5連勝中だったみたいだけど、どんなサッカーしてたんだろうか。今日の感じだと、とてもそんなに勝てるようには見えなかったんだけども・・・。とにかくフォローが遅くて、ボールを持っている人が孤立する場面が目に付いた。
エスパルスの方も、前半のうちに先制できたからここまで点が入ったものの、逆に先制されていたらどうなっていたか・・・という攻撃だった。前線にボールが収まらないのはやはり厳しい。4点目の岡崎は凄かったけども。

さて、アントラーズはガンバとの試合。結果はスコアレスドローでした。まぁ妥当な結果だったようで。マルキはフリオサリナスに並べなかったかー。残念だ。

寝ずの番@DVD 感想 

寝ずの番 70点

寝ずの番 特別番


かなり不謹慎かつ下ネタ満載な映画。葬式で悪ふざけする大人のお話。
そんな感じなんだけども、かなり笑えた。ただし、若者には多分分からない笑い。ある程度歳食ってからの方が笑えると思う。
それと、関西の人の方が笑えるのかも知れない。下ネタ関係も方言なんで、生まれも育ちも関東な自分にはイマイチピンと来ない部分も多数あった。

凄く面白いかと言うとそうでもないんだけど、思わずグッとくるところもあったりして、悪くない。人に強烈にオススメは出来ないけど、下ネタがどうしてもダメとか、不謹慎な!って怒っちゃう人以外は観て損は無いと思う映画でした。

新型DS発表 

今日行われた任天堂カンファレンスで、新型のDS、DSiが発表されましたな。
詳しくは以下で。

カメラ機能やオーディオ機能を搭載! 新型DSのニンテンドーDSiが2008年11月1日に発売!(ファミ通)

いち早く新型モデル”ニンテンドーDSi”を写真で徹底解剖(ファミ通)

SDカードに(?)ダウンロードしたゲームをプレイ出来るっつーのはかなり魅力的。
VC的な感じで、ゲームボーイソフトが出たら買うかもなぁ。SAGAとか。
しかし、その他の部分については個人的にはイマイチ請求力がない感じ。DSでネットやろうと思わないし、カメラも別にいらないかなぁ。GBAスロットが無くなったのもマイナス。数ミリの薄さがそんなに重要だろうか。

それと、PSPがバージョンアップしつつもお値段据置(元の値段が違うし、変更点がそこまで劇的じゃないけど)なのに対し、DS→DSL→DSiと、どんどん値上げされてるのも気になる。儲かってるんだしさー、もうちょっとなんとかならないのかね、と。
勝ってるからこそ強気なのかもしれないけどさ。

日経のフライング報道によれば、数十万台をとりあえず販売するっぽいけど、またバカみたいに売れる→品薄→転売ヤー歓喜wwwって流れなのかね。
正直どうなるのかさっぱり想像がつかないけど、ある程度弾数が用意出来る頃に販売して欲しいよなぁ。

陽気なギャングが世界を回す@DVD 感想 

陽気なギャングが世界を回す 80点

陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション


原作の小説は面白いらしいが、未読。ネタバレなし。

ツタヤではサスペンスに分類されてたんだけど、全然ミステリじゃねぇw
内容はコメディ。最初、サスペンスだと思って見始めたので、なんだこの安っぽいCGは!と思ったものの、途中から、これわざと狙ってやったのかもという印象になった。
そのCGシーンを始め、全編を通して漫画っぽい演出で、リアリティもへったくれもあったもんじゃないし、無茶苦茶な展開も多数。まぁそれはそれで、そういう映画だと思って見ると悪くない。テンポもすこぶる良いし。
一応ギャング映画らしいけど、グロな感じはほぼなし。
ちなみにサスペンスというかミステリ要素は隠し味程度。期待しないほうが良いです。

全体的にオサレな雰囲気も結構好きだし、音楽もよかった。
この無茶苦茶な展開を許容できるなら結構楽しめるのではないかと。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2008/10 »11

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。