スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のピクニック@DVD 感想 2009年22本目 

夜のピクニック 75点

夜のピクニック ピクニックパック [DVD]


ネタばれなし。
この間原作を読んで、面白かったので見てみた。かなり原作に忠実なつくりだったこともあって、思った以上に楽しめたわー。原作から入った映画は基本的にガッカリすると思ってたんだけども。
ただ、つい最近原作を読んでいたこともあり、脳内でかなりの部分を補完している気がするので、もしかすると映画だけ見ると細かい描写が欠けているかも知れない。

概ねキャストがはまっていて、違和感無く見れたのも大きい。個人的に微妙だと思ったのは一人だけ。西高(?)の女の子。もうちょっと綺麗な子ないめー時だったので。
その他のキャストではみわりんが良かった。みわりん可愛いよみわりん。そして加藤ローサと多部未華子はこの頃の方が可愛い。異論は認める。

残念だったのは無駄なギャグ要素と、よく分からんアニメシーン。これが無かったらもうちょっと好評価できたのになぁ。特にギャグ要素は個人的にはことごとく滑っていたと思う。

それにしても428に出ていた今野成美が出ていたのはちょっと驚いた。428で初めて存在を認識した女優さんだったんだけど、映画にもちゃんと出ていたのですなぁ。
原作にはない役どころだったけど、正直微妙でしたな。中途半端過ぎた。428ですっかり好きになった女優さんなので、これも残念だった。どうせ追加するならもっとちゃんと描いてくれたら良かったのにね。

そう言えば、原作読んだ時も思ったんだけど、夜中にこんな大騒ぎして怒られないのだろうか。絶対苦情来るよなー。
スポンサーサイト

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破@映画館 感想 2009年21本目 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 95点

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


初日に見てきましたよ。いやー、面白かった。ここまで面白いとは。続き以降にネタばれを書かざるを得ない。
先行上映でもないのに、終わった途端に拍手が巻き起こった映画はこれが始めてた(まぁあんまり劇場で見てないからそんなに珍しいことじゃ無いのかも知れないけど)。

ちなみにそんな人は居ないとは思うけど、テレビシリーズ及び「序」を見ていない人は見るべきではない。
最低でも序は必須。じゃないと完全においてきぼりを食らいますので。でもやっぱりテレビシリーズも見てから破を見るべきだよなぁ。


以下ネタばれあり。
▼... Read more ≫

雑記(2009/06/25) 

アントラーズのACLでの敗戦がショックすぎて、今日は一日凹んでました。今年こそはもうちょっと上まで行けると思ってたんだけどなぁ・・・。
第三者の自分ですらこんな状態なのに、選手たちは週末のトリニータ戦に向けて気持ちを切り替えたり出来るんだろうか。
それにしても悔しい。


それはさておき、今週はCDとゲームを購入。どっちも久々だな。(ゲームはこの間the推理買ったけど、新品は久々ってことで)

まずはCD。

三文ゴシップ


椎名林檎の三文ゴシップ。
椎名林檎さんはデビュー当時から追いかけてたんだけど、その昔三枚アルバム出したら辞める的なことを確か言ってたのよね。なので、もう二度と(少なくとも)ソロでのアルバムは聞けないと思っていたので、5年振りのこのアルバム発売は大変うれしい。

一回聞いたときはインパクトないかも、と思ったものの、二回三回聞いてたらやはり良いアルバムということが分かりました。やはりソロだなー。
斎藤ネコとのコラボアルバムとか東京事変も一通り買ったけど、イマイチだったので、ソロに戻ってもどうかなーと思っていたのが杞憂に終わって良かったわ。事変は群青日和がステキソングだったから相当期待してたけど、その後はさっぱり合わない方向に行ってしまった・・・。

そうそう、てっきりこのアルバムには「ありあまる富」も入っているもんだと思い込んでいたのに入ってませんでした・・・。阿漕な商売だー。あの曲も良かったから収録してほしかったわ。

続いてゲーム。

Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)


Wii Sports Resort。こちらはamazonから今日届いた。
ゴルフ以外の種目を一通りやってみたんだけども、期待値が高すぎたせいかモーション+はそこまで感動的でもなかったなぁ。十分すごいんだけど。
やった種目の中ではバスケがかなり面白かった。完全にハマって、ひたすら3ポイント打ちまくってたお陰で右腕がパンパンw連続で決まると気分は三井寿だぜ。
前作にもあったボウリングは違いをそんなに感じなかったな。

パーティゲームなんで当たり前と言えば当たり前なんだけど、自分みたいな殆ど一人プレイですが何か?な人にはやはり飽きが早そうではある。
でも前作より種目数も多いし、多少のやりこみ要素もあるみたいなので、Wii持ってる人は是非。amazonだと今はクソマケプレ業者のやつしか買えないけど。ビックカメラでは普通に売ってたしね。


今年13冊目読了。

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)


「向日葵の咲かない夏」道尾秀介著。
少し前に本屋さんで平積みされまくってて気になっていた本をようやく読んだ。
何故か爽やか系の話だと思っていたのだけど、実際は全然違っていて、かなり重たい話だった。しかしこういうのも本格ミステリに分類されるのね(解説でそう書いてあった)。
ミステリ要素的には、まぁ中盤くらいで大体分かるくらいのモノなので、そこまで期待するべきじゃないかなぁと思うんだけど、その他の要素がかなり良かったので、最後まで楽しく読めました。

それにしても9歳児ってこんなに頭良いのか?子供居ないし、自分が9歳の頃なんてさっぱり覚えてないけど、こんなに賢くはなかったよなぁ、とそこだけが最後まで引っかかった。

雑記(2009/06/22) 

中村俊輔はエスパニョールほぼ決まりだそうで。損失のでかさを考えると、マリノスの社長は悔やんでも悔やみきれないだろうなぁ。どんなやりとりがあったんだろうか。

WiiSportsResortがamazonで在庫復活してたので、思わずポチってしまった。モーション+がどんな感じなのか確かめちゃうZE

最近殆ど更新できてない中、(細々とですけども)コンスタントにアクセスがあったみたいで、ありがたいことだなぁとアクセス解析を久々に見てみた。そしたら相変わらずサカつくDSのプレイ日記人気過ぎワロタ。
そんなにみんなサカつくのプレイ日記を求めているのか。ご期待に沿えなくてすみません。
しかし出てから相当経つのに凄いな。あれの新作は出ないのかしら。
面白いのは間違いないので、みんな買おうぜ。

それと、天国はまだ遠くも人気のようで。そんなにメジャーな映画じゃないと思うんだけど、結構需要はあるのね。
感想にも書いたけど、気になってる人は見て損は無いと思いますよ。個人的にはもう少し・・・ってところが多かったのも事実だけど。

この間買ったTHE推理ポータブルは、つかみが弱い・・・。そんなんじゃ、ここ数年こらえ性が全くなくなってしまった自分には継続プレイができないぜ!

サカつくDS タッチandダイレクトサカつくDS タッチandダイレクト
(2008/11/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る
天国はまだ遠く [DVD]天国はまだ遠く [DVD]
(2009/05/29)
加藤ローサ/徳井義実

商品詳細を見る

1408号室@BD 感想 2009年20本目 

1408号室 60点

1408号室 [Blu-ray]


ネタばれなし。
個人的に単なるホラーにはあまり興味が無く、サスペンスと言うかミステリ要素が入ってるホラーが好きで、それを期待して見たのだけど、その辺がさっぱりなかったので、辛目の評価になってしまった。

ジャンルとしてはホラーファンタジーになるのかな。なので、その辺を期待して見るならばそこそこアリなんじゃないかと。狂っているのかそうじゃないのか、みたいなところもうまく表現されてるとは思うし。

恐らく描きたかったのであろうところは伝わってきたけど、やっぱりなんか色々投げっぱなしだったのが大分不満でした。そこをどう料理するか、を期待して見ただけになぁ。

魔法にかけられて@BD 感想 2009年19本目 

魔法にかけられて 80点

魔法にかけられて [Blu-ray]


ネタばれなし。
いかにもディズニーのファンタジーという感じの映画。絵本の中の住人が、現実世界に飛び出したらどうなるか、というようなお話。

途中でいきなり歌いだしたりと、ミュージカルっぽい要素もあったりで、その辺も含めて普段全く見ないタイプの映画だったんだけど、たまにはこういうのも良いかなと思えるくらいには面白かった。
いかにもディズニーとは言いつつも、そこまでベタベタなストーリー展開でもなく、意外さも結構あったのが良かったのかも。

時にはこういう幸せいっぱいな映画を見るのも良いかなーと思いました。元気が出ます。
でも実際に絵本世界の住人が飛び出したらこうは行かないと思うけどなw

おと・な・り@映画館 感想 2009年18本目 

おと・な・り 80点

おと・な・り


ネタばれなし。
久しぶりに劇場で映画を見た。あまり事前知識も無く、30歳のラブストーリーってとこで、なんとなくこれをチョイス。
結果的にはあまり期待してなかったせいか、なかなか楽しめた。

ちょっと脇役が強すぎたり、それは少々ファンタジーアに溢れすぎてやしないか、的な展開が気になったりはしたものの、主役二人の雰囲気が良かった。それと、色々と共感できたのも大きい。この年代の人なら、多かれ少なかれ感じ取れるものはあると思います。逆にそうじゃないとよく分からないのかも知れん。

絶賛はしないけど、オススメはしちゃう、くらいな感じの映画でした。恋愛映画は絶対に見ない!と心に決めている人以外は見てみては如何でしょう。

しかしあんなに音漏れする部屋には住みたくないわーw
雰囲気は最高なんだけどね。

J1 第14節(観戦40、41回目) 

6月20日
J1 第14節
カシマスタジアム

中断明けの試合。試合勘が心配されるのだけどどうなるか。ジュビロはここまで八面六臂の大活躍だったイグノがパリSGへ移籍のようで不在。助かります。

開始から攻めるアントラーズと守るジュビロという構図。アントラーズはいつものように大きな展開で攻め立てるが、集中して守るジュビロを崩せない。キープするものの、決め手がないという状況でジリジリした展開に。
試合が動いたのは前半終盤。中盤でうまく奪ってショートカウンター発動。マルキがドリブルで持ち上がって野沢にパス。野沢はドリブルで深くえぐってセンタリング。これに興梠があわせてアントラーズが先制した。

後半に入るとジュビロが攻勢に出てきたが、イグノ不在の穴は大きいようで、最後の精度を欠いていて得点には至らず。アントラーズも代わって入った大迫がビックチャンスを決められずに1-0で試合終了。

マルキ、興梠のところにボールが収まらずに攻撃がうまく構築出来なかったのが気になった。後半途中からダニーロが入って、そこにボールが収まるようにはなったものの、今度は守備のバランスが崩れてしまっていた。難しいなぁ。
ミスも多くて、特にソガの自作自演は恐ろしかったわ。久しぶりに見た気がするけど。この辺は中断明けで試合勘の無さが原因だと信じたい。

ジュビロはやはり最後を決められるストライカーが必要ですかね。前田は岩政にほぼ完全に抑え込まれてたしなぁ。前田には結構期待してた(日本代表的な意味で)んだけど、この辺が限界なんだろうか。


6月21日
J1 第14節
ビッグアーチ

大久保が早くもドイツから復帰したヴィッセルと、森崎兄弟(オーバートレーニング症候群と慢性疲労症候群)が心配なサンフレッチェの試合。

開始早々サンフレッチェはらしいパス回しから服部がセンタリング。これをヴィッセルDF北本がうまいバックヘッドでゴールに流し込んでしまった。開始1分の出来ごと。

立ち上がりのサンフレッチェの好調さと先制点で、このままサンフレッチェペースで試合が進むかと思ったものの、そこからはヴィッセルが巻き返してペースを握る。しかし決定機の数はサンフレッチェの方に多数。榎本のファインセーブで得点には至らなかったけども。
そしてこのまま前半終了かと思った前半終了間際、ゴール前でパスをつないだサンフレッチェが追加点。最後は槙野。FW顔負けの見事なシュートを決めた。榎本に防がれた前半中盤のシュートと言い、流石DFW。

後半、今度は開始早々ヴィッセルの得点。FKの壁になっていたミキッチがハンドを取られてPK。あれはちょっと厳しかったような。
このPKを大久保が決めて2-1に。更にそのすぐ後に、今度は右SBの石櫃がキーパーの位置を見極めて遠目からシュート。センタリングっぽくも見えたけど、多分シュート。これが決まってあっという間に同点に。

そして更にヴィッセルに勝ち越し点が入る。ロングボールにサンフレッチェの盛田が足を滑らせて茂木がゴール前でフリーに。これを冷静に決めて2-3。逆転してしまった。

これはこのままヴィッセルの勝利かと思い始めた後半終了間際、サンフレッチェが追いつく。佐藤寿人のうまい落としから、柏木がきっちり決めて同点。
そして更にその直後、今度はエリア内で高萩がシュート。これがまたもや北本に当たってゴールに吸い込まれ、4-3に。そのまま試合終了となった。

よく点は入ったものの、ミスとかセットプレーが多くて、なんかあんまりそんな感じのしない試合だったなぁ。それと、審判がイマイチで、後半荒れた展開になってしまったのも残念。審判の能力向上が望まれる。


今日の試合ではレッズが負けて、アントラーズがかなり抜け出す形に。リーグ全体で見れば面白くないんだろうけど、鹿サポ的には大変助かる。リーグ独走して、ACLに専念できると良いのだけど。
マリノスはユニフォームまでセルティックみたいにしたのに、俊輔にフラれちゃって可哀想ですね。

女神異聞録ペルソナ クリア後レビュー 

女神異聞録ペルソナ 70点

ペルソナ



発売日に買って、当初はコンスタントにプレイしてたものの、なんだかんだでようやくクリアした。まだセベク編のみだけど。プレイ時間は大体45時間くらいか。スリープモードでもプレイタイムが加算されるからよく分からない。なんとかならないの?あの仕様。
PS版が大好きで、かなり期待して買ったんだけど、ちょっと期待外れだったかなー。

【ストーリー】
相変わらず良かった。ジュブナイル好きなら楽しめると思われる。ちょっと重い展開も好み。ただ、演出は昨今のRPGほど華やかじゃないので、盛り上がりには欠けるかもしれない。PSP版で追加されたムービーも微妙だし。
なんかセブンスドラゴンの感想と似たようなこと書いてるが、まぁこっちは元のゲームが10年以上前なんで仕方ないとは思う。

【システム・インターフェース】
かなり微妙。と言うかダメ寄り。まずエンカウント率高すぎだろ常識的に考えて・・・。PS版もやたらと高かった覚えはあるけど、時代が違うからなぁ。
全体のテンポもかなり悪い。PS版はテンポ悪いってレベルじゃねーぞ!って感じだったので、それに比べたら相当頑張っているとは思うけど、それにしてもなぁ。よく投げださなかったなぁと思っちゃうレベルですよ。
各種データの見せ方もヘタクソで、必要な情報を見るのが非常に面倒。特にペルソナ合体の時。PS版がどうだったかは忘れちゃったけど、P3とかP4で出来てたことくらいは反映してほしかったわ。とにかくアチコチで不便を感じた。
セーブポイントが大幅に増えたのはとても良かったけども。つーかこれもPS版が鬼仕様だっただけな気もする。ダンジョンからの脱出アイテムも追加。まぁこれもPS版が(ry

【グラフィック・音楽】
グラフィックは基本的にPS版の使いまわしなので、今見るとかなりショボい。当時でもそんなに上のレベルでは無かったはずだし。リメイクと言うのであれば思い切って変えて欲しかったけどなぁ。
ムービーも前述したように微妙で、個人的にはこのレベルのムービーなら無い方が良い。何故かボイスもないし。
音楽は目黒氏を起用し、P3P4準拠。但し、一部は旧作のままという微妙仕様。これもムービーと一緒で変えなくて良かったんじゃないかなぁと個人的には思う。雰囲気と合ってないんだよなー。曲自体は良いのに勿体ない。

【雑感】
リメイクと言いつつ、結局は移植+αくらいの内容だったなぁ。ストーリーが良いんだから、全面刷新してもっと遊びやすく、とっつきやすくして欲しかった。この内容だとちょっと人には勧め難い。
70点と言う点数も思い出補正とストーリーで付けてる点数であり、PSP版が初めてプレイとかだともっと辛い評価になると思う。

ちなみに今回の仲間はアヤセにしました。唯一使ったことないキャラだったもので。コギャルとか懐かしいわw
そして、PS版を何回プレイしてもお荷物キャラだったマークは、今回もやっぱりお荷物でした。最終的に主人公とレベル差が10以上あったからな!マークは行動順が遅いからレベル上がらないんだよなぁ(今作は戦闘実績によって貰える経験値が変わる)。

とにかく、本当に惜しい・勿体ない、という感想がぴったりなゲームでした。雪の女王編はどうしようかな。当時も途中でやめちゃった気がするし、めんどうだから止めとくかな・・・。

雑記(2009/06/20) 

今日からJ1再開。長かったわー。今日は残念ながらカシマには行けないので、テレビ観戦予定。
中断期間にゲームやらなにやらやるかと思いきや、最近さっぱりゲームしてないわー。しかしそんな中、久々にゲームを買いました。

SIMPLE2500シリーズ ポータブル Vol.3 THE どこでも推理~IT探偵:全68の事件簿~SIMPLE2500シリーズ ポータブル Vol.3 THE どこでも推理~IT探偵:全68の事件簿~
(2006/04/27)
Sony PSP

商品詳細を見る


PSPのTHEどこでも推理だ!いや、アドベンチャーやりたいなぁと思っていたところに、500円で売ってるのを見つけたのでね。ボチボチやろう。
いい加減ペルソナをクリアしたいんだけど、ラスボスがめんどくさい・・・。ストーリーは相変わらず好きなんだけど、全体としては辛い評価をせざるを得ないデキだったなぁ。


今年11冊目、12冊目読了。

乱鴉の島 (講談社ノベルス)


「乱鴉の島」有栖川有栖著。
久しぶりに火村英夫シリーズの長編を読んだ気がする。面白かったわー。本格推理には定番の孤島モノなんだけども、まぁそこは今更直球じゃないよね、って言うような展開でした。一気に読んでしまった。

夜のピクニック (新潮文庫)


「夜のピクニック」恩田陸著。
恩田陸作品は初めて読んだ。まぁ初めてならベタなところかなと言うことで、映画化もされた今作をチョイス。
すごく・・・青春です・・・。あんまり読まないタイプの内容だったんだけど、話題になるだけあって面白かったですわ。高校生なんて遠い昔だけど、なんか色々思い出したよ。これも一気に読みました。

Wii Sports Resort 

Wii Sportsはかなりやったんだけど、Resortは当面いらないかなーと思ってた訳です。わいわいやるような環境も無いし・・・。
しかしみんなのニンテンドーチャンネルで見れるナイナイのプレイ動画見たら無茶苦茶面白そうですなー。こりゃ。まぁナイナイの腕に因る部分と、対戦してるってところは相当大きいとは思うけども。
これをガチで対戦できるような環境に居る人は羨ましいなぁ。

ソフト自体はそんなに潤沢に用意されてる訳じゃ無いみたいなので、欲しい人はお早めに。amazonはもう在庫切れてるし。
完全に出遅れたぜ。まぁ慌てて買わなくてもいいんだけどさ。まだペルソナも終わってないしな・・・。ラスダンが面倒なんですよね・・・。


Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)
(2009/06/25)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

オンエアバトルの審査員になってきた 

人生初めてのオンバト審査員を体験してきた。
今年度から月一放送になっていたってことも知らないくらい最近見てないので、若干申し訳ない感も抱きつつ、NHKホールに行ってきましたよ。

テレビの収録自体も初めての体験だったのだけど、意外とサクサク終わってビックリした。まぁ始まるまでは相当長かったけどね。
それと、もう10年以上やってる割に、審査委員の扱いもあんまりうまいことやれてる感じではなかったなぁ。毎回あんなもんなんだろうか。

各芸人さんのネタ自体はかなりレベルが高くて、15組があっという間だった。出ていた芸人は以下の通り。

スマイル
えんにち
花香芳秋
インポッシブル
パップコーン
あきげん
ロマンチックセクシー
ジェニーゴーゴー
恋愛小説家
ななめ45°
スーパーマラドーナ
鬼ヶ島

トップリード
上場軍団

結果は放送を見ていただくとして、個人的にはトップリードが一番完成度が高く、かつ面白かったなぁ。あれは凄い。
狙ってたわけじゃないんだけど、丁度オンエアされる数と同じ数の8個ボールを入れました。そしたらそのうち7組がオンエアになってたので、自分の笑いのツボは非常に普通であることが分かりました。嬉しいような悲しいような。オンエアにならなかった1組も9位だったしなぁ。

帰りがけには1000円分のQUOカードも貰えたし、とても有意義な週末でありました。放送作家の人が、収録始まる前に予算が無いとか言ってたけど、民放よりはまだまだ余裕あるんじゃないかなぁとなんとなく思いました。

久しぶりのお笑いライブだったけど、また近いうちに行こうと思える面白さでした。興味のある方は是非オンエアを見ていただきたい。毎月最終金曜の夜中らしいので。

雑記(2009/06/07) 

PerfumeのFC先行ツアーチケット当選発表が来てた。
ツアーファイナルの横浜アリーナが当選してたー。いやー、全部外れるかと思ってたから嬉しいわ。それとも今回は大きい箱が多いし、欲しい人には結構行き渡ってる感じなのかね。
ま、何はともあれ楽しんで来よう。まだ相当先の話だけど。席はどの変になるのかなぁ。


今年10冊目読了。

被害者は誰? (講談社文庫)


「被害者は誰?」貫井徳郎著。
読み始めてすぐに気付いたけど、これ一回読んだことあったわ。何読んだかいつも忘れてしまうのが困る。
まぁでも読んだのは結構前だったので、意外と楽しく読めた。
内容は中編集で、凄く面白いと言うわけではないんだけど、まぁそれなりに面白いので、探偵モノが嫌いじゃなければ楽しめるのではないかと。

最近のサッカー観戦(観戦37~39回目) 

Jリーグ中断期間(ナビスコはやってるけど)で、アントラーズの試合が無いここ最近。大変寂しい。しかしサッカーの試合はやってるのです。と言うことで、ここ最近見た試合の感想。

日本代表 × ベルギー代表
キリンカップ

ベルギー代表の面子がどうやら微妙だったらしいし、中1日とかいう正気とは思えない日程だったこともあり、日本が圧倒した試合でしたね。
鹿サポ的には篤人が躍動していたのが嬉しかったところ。興梠は途中出場してたけど、あんまりインパクトは残せなかったですな。

相手のコンディションが悪すぎたせいで、あんまりみどころは無かったけど、それでも4点取ったのは立派かと。方向性的には良い感じなんじゃないでしょうか。


チェルシー × エバートン
FAカップ決勝

開始25秒とかでエバートンが先制したことで、チェルシーが前に出ざるを得なくなった試合。まぁ結局はチェルシーが力の差を見せ付けて逆転をしたのだけど、あれだけ個の力に差があると、エバートンはなかなか難しいですな。
久しぶりに見たけど、ドログバはやっぱり強いなぁ。あれだけ強いFWが前に居ると、大変助かるだろうと思う。田代が(Jレベルで)あれくらいやってくれると良いんだけどなぁ。無理かなぁ。

それとチェルシーで気になったのはアネルカ。あんなにパスうまいのね。しかも今シーズン得点王ですからね。素晴らしい。

対するエバートンで目立っていたのはフェライニとピーナール。特にフェライニは良かった。アフロも目立ちすぎだったw
ピーナールは前に見たプレミアの試合ほどは活躍してなかったけど、あのテクニックはすばらしいなぁ。アントラーズの二列目に欲しいなぁ。


日本代表 × ウズベキスタン
W杯アジア最終予選

この試合に勝つと予選突破が決まる日本と、この試合で勝たないと予選突破が絶望的なウズベキスタン。
そんな状況の中、日本がいきなり先制。岡崎がらしいプレーで泥臭く決めてくれた。岡崎はすっかり覚醒した感があるなぁ。良いことだ。

しかしこの先制点のせいか、この後はひたすら日本が押し込まれる展開に。見ている方としては非常にハラハラする状況が続いた。ただ、相手のシュートがことごとく浮いたり、日本DF陣が非常に集中していたりで、結局点は奪われなかったけど。

ウズベキスタンはわざわざ(?)芝を長くして日本のパス回しを阻害していたっぽいけど、自分たちもその長い芝に苦戦しちゃってて、なんだかなぁという感じだった。

それにしてもこの試合は審判が酷かった。Jリーグでもよく審判が酷いと思うことはあるけど、下には下がいるなと。仮にも国際試合なのにね。この程度の審判がこのレベルの試合で笛を吹くのはどうかと思う。だからアジアは(他地域から)下に見られちゃうんだよ、と。

ACLの中国代表のラフプレーもそうだけど、AFCは毅然と対応して欲しいけどなぁ。無駄な期待なのかねぇ。

ま、何にせよ、本大会出場おめでとうございます。是非ともドイツの大惨敗のリベンジを果たして欲しいなぁ。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05« 2009/06 »07

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。