スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記(2010/04/29) 

明けて今日から久米島に旅に出ます。なんか何にもなさそうだけど、まぁのんびりしたいので良いのです。
気になるのは天気だなぁ。後半天気悪そうなんだよな・・・。バカンスで天気悪かったらどうにもならんですよ。
ガンバ戦を見れないのだけが残念でならん。

さて、極限脱出をクリアして以来、DSではクロノトリガーをプレイ中です。
プレイ時間12時間くらいのところ。タイムマシン的なものが出てきた辺りです。ルーラとかリレミト的なわざがないから、移動関係がめんどくさいけど、なかなか面白い。まぁ今更ですけども。音楽は素晴らしい。

そして、2ヶ月ぶりにFF13をプレイ再開。まだ9章であります。いやー、久々にやると、雑魚戦のめんどくささが際立ちますな。一々時間かかりすぎ。こりゃダメだ。もう雑魚戦がめんどくさいから、武器を強化しまくってサクサク進めたいんだけど、お金を稼ぐ手段が殆ど無くてそれも出来ない。なんだかなぁ。
それでもようやくパーティを自分で編成できるようになったので頑張ります。頑張ってゲームするものなのかは疑問だがw

ちなみにパーティはライトニング、ファング、ホープで。ヴァニラよりもホープの方が魔法攻撃力が強いのと、ジャマーよりエンハンサーが好みなので。ライトニングとファングは物理攻撃上から2人だから外せません。キャラの好み的にはサッズ使いたいんだけど弱いんですよ・・・。

新作ではDQMJ2が若干欲しいけど、まぁどうせ積むからいいかw
スポンサーサイト

鹿島アントラーズ × 全北現代(観戦21回目) 

4月28日 ACL GL 第8節
カシマスタジアム

やはり全北は強かった。結果的には勝利を収められたものの、負けていてもおかしくない試合でした。

前半は互角の展開ながら、先制したのは鹿島。CKからジョンスがこの間のマリノス戦に引き続いてヘッドで決めてくれました。
ジョンスは相変わらず怖いパスミスもあったけど、この攻撃力は魅力。もう少しセーフティにやってくれると尚良いです。

更に追加点も鹿島。エリア内でパスをつないで最後は野沢がようやく決めてくれた。そんなに簡単じゃないボールをアウトサイドでダイレクトボレーで決めたのは流石。こんな感じでもっと枠に飛ばしてくれー。

前半のうちに2点も取れるとは望外な展開。これはこのまま行けるかなと思ったけどやはりそう甘くはありませんでした。

後半に最初から全北が前への圧力を強めてきて押し込まれる展開。ただ、全北は鹿島と良く似たチームで、シュートよりもパスで崩しきることを目指している感じだったので、そこまで決定機は無かった。これは非常に有難かった。

どこかで盛り返せるかと思ったけども、全くそんな気配が無かった。まぁ2点取ってることもあって、そんなに前に出る必要は無かったけど、これだけ押し込まれっぱなしは厳しい。セカンドボールをことごとく拾われて、波状攻撃を受ける始末。

なんとか最後のところでしのいではいたものの、それだけやられっぱなしじゃ失点しちゃうよねってことで、全北が1点を返す。クリアが小さくなったところを全北の選手に拾われ、エリア外からミドルを決められてしまった。

この失点の後も全北ペースで試合が進むものの、なんとかしのいで試合終了。全勝でGL突破を決めました。素晴らしい。

全北は一回危ないタックルはあったものの、全体的にはフェアだったと思う。かなり激しくはあったけど。そしてやはり鹿島と似たチームでかなり強かった。決勝トーナメントでも上にあがってくるんじゃなかろうか。

鹿島の選手で気になった選手は、やっぱりマルキか。本当に攻守に絶大な影響力があるなぁ。居なくなったら本当に困りそう。
満男も良かった。こちらも攻守に大貢献。これで代表に呼ばれなかったらびっくりですよ。まぁ今の代表は悪い意味でびっくりすることしかないですけど。

横浜Fマリノス × 鹿島アントラーズ(観戦20回目 スタジアム6回目) 

4月24日 J1 第8節
日産スタジアム

100424日産


なんだか久しぶりの日産スタジアム。当たり前だけど相変わらずピッチが遠い。その割に43000人もお客さんが入ってましたよ。俊輔効果か。
そして、前半途中からかなり寒かった。風強すぎ。

試合の方はここのところどこのチームもそうなように、マリノスが飛ばしてくる展開。しかしこの日はうまくいなしていたと思う。そこは良かったんだけども、とにかくミスが多くてイライラ。ボールを奪ってさあここから、ってところでミスをする展開が続く。

そんな展開の中、CKからジョンスがヘッドで先制。ジョンスはここのところ不安定な出来の試合が多かったけど、この試合では比較的良かったと思う。もっと出来るのを知ってるので、まだまだ物足りなくはあるけど。
これで落ち着けるかと思いきや、あっさり渡邊に決められて同点。左サイドでイバがあっさり波戸にかわされてセンタリングを上げられた時点で勝負ありでした。

同点の後は大ピンチが続く。ここでソガが神セーブを連発してくれたから良かったものの、ここでやられてたら試合が終わっていたと思う。俊輔のFKを止めた時は本当に鳥肌が立ったよ。

後半はマリノスが間延びしてきたこともあって、鹿島ペースに。そして早速勝ち越し点。右サイドでマルキが仕掛けて、センタリングが抜けてきたところに満男が詰めての得点。よくここまで詰めてたなぁ。マルキの崩しも流石でした。

そしてマルキはついにリーグ通算100ゴールも達成。ソガのスローイングを受けた野沢が絶妙なスルーパス。これに抜け出したマルキがきっちりゴール。
ゴール後、サポの前まで来てのガッツポーズがイケメン過ぎましたよ。そしてその後、ライン際と言うかちょっとピッチの中までw来た(恐らく)フェリペとハイタッチ。フェリペは愛すべきキャラだなぁ。

1-3になった後も危ないシーンが結構あってヒヤヒヤしたものの、きっちり守りきって試合終了。リーグ戦では久々の勝利で大変嬉しかったわー。

内容的には特に前半が酷かった。売りである攻守の切り替えの速さで完全に負けた上にミスを連発。どうなることかと思った。本当にソガの神掛かったセーブが無かったら負けていたんじゃないかと。ソガがなんで代表に呼ばれないのか全く分からない。

マルキは流石でした。前半はイマイチなチームに引っ張られてか、あまり効果的なキープが出来てなかったけど、後半は待ちに待った100ゴールを達成。スタジアムで見れて良かった。

反対に良くなかったのは中田と岩政かなぁ。二人とも危ないパスミスを連発していた。岩政は篤人との連携までおかしくなっちゃう始末。疲れなのか何なのか分からないけど、あれなら青木と伊野波を使った方が良いんじゃなかろうか。

相手で気になったのは、俊輔のプレースキックの精度と中澤の衰え。あのプレースキックはやっぱり脅威。うちの満男さんもあれくらいとは言わないまでも、もうすこし精度が高ければ・・・。
中澤は高さでは相変わらず強かったけど、アジリティの低下がかなり気になるレベルまで落ちていたと思う。前々から代表戦とかで気にはなっていたけど、これじゃあW杯は相当厳しそうだなぁ。

ソラニン@映画館 感想(2010年8本目) 

ソラニン 90点

ソラニン


ネタばれなし。

良い映画を観ると、良くも悪くも暫く引き摺られちゃうんだけど、久しぶりにその感覚を味わった。

原作は未読。内容は青春恋愛映画。ただ、恋愛がメインテーマではないです。
大学を卒業はしたけど、大人になりきれない二人が主人公。二人の色々な葛藤は誰しも多少は理解できるんじゃないかと。

途中から、あーきっとこういう展開になるんだろうなぁって思ったらその通りの流れだったりしたので、結構ベタだったりもしたんだけど、そこで終わらずにその後に繋がる展開が良かった。泣けるシーンも多数。

それと、ライブシーンがとても良かったなぁ。音楽の力はやっぱり凄いです。ソラニン自体も素晴らしい曲だと思う。
そうそうスタッフロールで知ったけど、ベースの人はサンボマスターの中の人なのね。演技に全然違和感無かったから気付かなかったわ。彼が居たのもライブシーンの完成度アップに影響してたのかも知れん。(でもサンボマスターの曲はやらないのね。まぁバンドの色に合わないけどw)

青春映画が嫌いじゃなければ是非見て欲しい映画。多少気になる点が無い訳ではないけど、これだけ良い映画はそうそうないですよ。

最近見た映画感想@DVD&TV(2010年4~7本目) 

ネタばれなし。


フィッシュストーリー 80点

売れなかったバンドの曲が世界を救う!という予告通り、どうやってこの曲が世界を救うところに繋がるんだ?ってのがメインの話だと思うんだけど、個人的にはその売れないバンドである逆鱗がカッコよくて良かった。CDが欲しい。
色々な話の繋がりが明かされる部分は、まぁそんなもんかなって感じだったかなぁ。あんまり意外性は感じなかった。
そんな訳で、この映画は(架空のバンドだけど)逆鱗のための映画です。断言。

あ、そういえば初めて多部未華子を可愛いと思いました。今まではあんまりピンと来てなかったんだけど、この映画では良かったです。はい。


南極料理人 70点

難局基地での生活を描いた映画。タイトルどおり、料理人である堺雅人が主人公。出てくる料理がどれもこれも大変美味しそうです。
しかし、もう一捻りあると良かったかなぁって感じ。悪くも無いけどそこまで良くも無い、みたいな。淡々と進みすぎと言うか。
それにしても、親子関係の描写で終盤くらいにあったシーンと最後のシーンの辻褄が合ってない様な気がするんだけど、何か勘違いしてるんだろうか。うーむ。


アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 20点

そもそも好みで無さそうな映画だったんだけど、相方が借りてきて見ることに。
まずストーリー自体がかなり微妙。どうしてそうなるのか、を描いてないような気がした。それでも面白い話ならまだ良いんだけど、ちっとも面白くないから性質が悪い。その上、無駄にグロい描写が出てきてなんだかなぁと。
必然性を感じなかったよ。

全然知らない映画だったけど、キムタク出てたのね。話題になったのかね、コレ。


のだめカンタービレ 最終楽章・前編 特別編 70点

テレビでやっていた最終楽章前編を鑑賞。
原作が微妙な感じだったヨーロッパ編だけど、映画でもやっぱり盛り上がりに欠けるなぁという印象は変わらず。ヨーロッパ編以降のキャスティングも微妙だし。それでも一定以上の面白さはあったけども。
もちろんテレビシリーズ見てないと面白さは半減以下なので、ご注意下さい。まぁいきなり映画版見る人も少ないだろうけど。

そうそう、クラシックは全くの素人だけどコンサートシーンは良かったような気がする。

雑記(2010/04/19) 

久々にFF13でもやろうかとPS3を立ち上げたら、サスペンス好きなんで前々から気になっていたHEAVY RAINの体験版が配信されていたのでダウンロードしてプレイ。
いやー、これ凄いね。リアルすぎるわ。まぁリアルなだけに細かいところが気になっちゃったりもするけども。人間は不便なものです。

操作に若干癖はあるものの、そこまでのアクション性は求められないっぽいし、慣れれば大丈夫なレベルかな。
そんなことよりとにかくストーリーがいかにも洋画のサスペンスっぽくて、先が非常に気になる。買っちゃおうかなぁ。しかし据え置きでゲームやれるほど時間ないんだよなぁ。

吹き替えも良い感じ。体験版のデフォルトが日本語音声だったんでそのままプレイしたけど、クオリティが高いんでストーリー同様、洋画を見ているような雰囲気に浸れましたよ。

そんな訳で、結局FF13は立ち上がらず仕舞いでした。残念。


据え置き機のゲームは殆どプレイしてませんが、携帯機の方はボチボチやっとります。
この間、極限脱出をクリアしました。最後まで面白かったけど、色々と不満も残るデキだったなぁ。そのうち感想を書くかも知れない。
しかしゲームクリアしたのなんていつ振りだろうか。今年最初なのは間違いない。

極限脱出をクリアしてDSが空いたので、積んでいたクロノトリガーをプレイ開始。直撃世代の割に、当時プレイしてなかったのでなかなかに新鮮。音楽が良いなぁ。
結構自由度が高いんっぽいね。お陰で次にどこに言ったら良いかよく分からん。まぁそれはそれで楽しいから良いのだけど。サカつくDSが出るまでにクリアしたいけど厳しいかなー。

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
(2010/02/18)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

サッカー観戦記(観戦17~19回目) 

4月18日 J1 第7節 カシマスタジアム
鹿島アントラーズ × サンフレッチェ広島

お互いにチャンスは多かったものの、最後のところで決められず、結局スコアレスドローでありました。
前々節、前節と開始早々に失点した訳だけども、この試合でも開始早々非常に危ないシーンがあってヒヤヒヤした。最近入り方が悪くて困るわー。

この試合も全体的にあまり状態が良くなかった。満男が奪われてピンチ!ってシーンも何度か。今シーズン心なしかこういうシーンが多いような・・・。
全体の運動量が少なかったのはやっぱり疲労なんですかね。とは言え、試合自体は結構支配出来てたし、勝っておきたかったなぁ。こういうところで勝つってのが鹿島の強さだと思うんだけど、まぁそうそううまくはいかないですな。

気になったのは大迫。動きが少なすぎる。期待が大きい分、厳しい見方になっているのかも知れないけど、どうにも残念な感じだった。そろそろ、やっぱりマルキが居ないとダメだなーと思わせてはいけないと思うんだ。代わって入った佐々木もノーインパクトだったしなぁ。


4月14日 プレミアリーグ ホワイト・ハート・レーン
トッテナムホットスパー × アーセナル

久々にプレミア。ノースロンドンダービーを観戦。優勝を狙うガナーズと4位を狙うスパーズ。どっちも負けられません。
結果は2-1でホームのスパーズが勝利でした。ガナーズはこの次の試合でも負けちゃったし、流石に厳しそう。対するスパーズはなんと次の試合でチェルシーにも勝っちゃってその上直接のライバルシティがダービーで負けた事もあって、4位が見えてまいりました。

さて、この試合では前半の早い段階でフェルマーレンが負傷退場するアクシデント。ガナーズは元々怪我人続出で1.5軍と言っても過言ではない面子だったけど、これで余計に苦しくなってしまった。2失点目は代わって入ったシルベストルのミスっぽかったし。
1失点目はリーグ初出場らしいローズが素晴らしいシュートを決めちゃったので仕方なかったと思うけど。

0-2にされて苦しくなったガナーズは怪我明けでついにベンチ入りしたファンペルシを投入。そして入って早々チャンスを演出してしまうのは流石。なんかやってくれそうな雰囲気をかもし出すのは凄いわ。何本か決定的なシュートも打っていたけど、ゴメスが当たっていたために得点でチームを救えなかったのは残念だけども。

いやー、それにしてもやっぱりプレミアはテンポ早いわー。ボールスピードも凄く速い。Jも良いけど、プレミアも面白い。もうちょっと時間があればなぁ。


4月13日 ACL GL第5節 長春経開体育場
長春亜泰 × 鹿島アントラーズ

もう随分前の話になっちゃったけども、ACLです。この試合に勝っても負けてもあんまり意味の無い試合だったんだけど、オリベはベスメンを持ってきましたな。うーむ、確かに勝つのは大事だけども、明らかに全体のコンディション落ちてるし、多少なりとも入れ替えても良かったような・・・。

試合の方は、ピッチコンディションも選手のコンディションも悪く、ミスを連発。危ないシーンも何度か。しかし長春の決定力不足に助けられてなんとか無失点に抑えられました。

唯一の得点は最近好調の興梠。相手のミスをついて、しっかり決めてくれたのは良かった。ああいうのを外しちゃうのは結構ありますからな。

まぁアウェイでしっかり勝ちきったのは大変良かったけど、それ以上の収穫はない試合だったかなぁ。
あ、長春の選手はホームでもラフプレーに走ることなく、非常にフェアな印象でした。中国のチームにしては珍しい。他のチームもこんな感じになってくれると良いんだけどなぁ。サッカーなのに、結果はともかく常に怪我を心配しないといけないってのは不健全ですよ。

ACLとか雑記(観戦16回目) 

4月12日 ACL 第5節 山東省体育中心体育場
山東魯能 × サンフレッチェ広島

2強2弱になってしまったグループの下2チームの戦い。
広島は恐らく怪我人が多すぎるのと、疲労とでかなり残念な状態だった。引いて守ってカウンターみたいな。たまにそれっぽいパスワークも見られたけど、本当にたまにだった。

相手のラインが高かったこともあり、裏へのボールを連発してたけど、ことごとくオフサイド。そして物凄く厳しい時間帯に失点。前半ロスタイム、ラストワンプレーでした。

前半の終盤から足も止まってたし、こりゃ厳しいかなと思っていたら、なんと同点に。寿人のスルーパスに浩司が抜け出してゴール。
山東は守備の人数は居るものの、本当に居るだけといった有様。まぁ広島はそれでもなかなか崩せなかったんですけども。

そして更に途中出場の李が逆転ゴール。またもやエリア内で微妙な守備を見せ付ける山東。ダメだこりゃって感じだった。
このまま勝ちきるかと思いきや、そうならないのが最近の広島。定番のセットプレーからの失点。このまま終わっちゃうのも最近の広島だよなぁと思っていたら、今日は違った。
終了間際に李が2点目を決めて2-3。ルーキーの石川がアシスト。敵味方共に足が止まる中、石川の躍動は印象的だった。

結局上2チームが引き分けたため、GL突破はならなかったけど、主力が居ない中でのアウェイでの勝利は嬉しいんじゃないでしょうか。

それにしても中国アウェイ+中東審判ってのは本当に嫌な組み合わせだ。この試合でも危ないプレーが何度かあったけど、それらに対して殆どカードは出なかった。勘弁して欲しい。


話し変わって、今日Perfumeの新曲がamazonから届きましたよと。

100412不自然なガール


情報を殆ど集めてなかったので、てっきりナチュラルに恋してがA面だと思ってたのに、不自然なガールという曲がA面なのだね。初回特典のDVDに入っているPVも不自然なガールな模様。まだ曲を聴いても居ないけど。

ナチュラルに恋してのPV好きなので、CD届いたら入っているであろうPVを見倒そうと思っていたのに残念だ。
次のアルバムの特典に収録されたりするのかな。よろしくお願いしますよ。

FC東京 × 鹿島アントラーズ(観戦15回目 スタジアム5回目) 

4月10日 J1 第6節 味の素スタジアム

100410味スタ


NDスタ、宮スタと見てきたせいか、普段ピッチが遠いなぁと思っていた味スタは大変見易いスタジアムでしたw
しかし、いつの間にバックスタンドまでアウェイの応援禁止になったんだろうか。開始前にメガホンでアウェイグッズを身に着けている人をゴール裏に追い出す徹底ッぷり。

試合は開始から全開で来た東京に対し、バタバタしてしまった鹿島。いきなりPKを取られてしまった。
現地で見てた時はハンド取られたのかと思ってたけど、その後に足を引っ掛けたのを取られたのね。ちょっと厳しい。
平山にきっちり決められて、先週に引き続き開始早々先制を許す苦しい立ち上がり。

分かってたことだけど、鹿島はマルキが居ないとボールが収まらない。更に西村がやたらと笛を吹くし、メイン側の副審が微妙すぎるジャッジを連発してイライラが募る。しかしイバはキレすぎwカード貰っちゃうよ。

だけども前半30分辺りから飛ばしまくってた東京が落ちてきたお陰で、落ち着けるようになった。そして待望の同点弾。満男の無回転ミドルを権田が弾いたところに興梠。東京のDFはちょっと足が止まっていたね。
良い時間帯に追いついて後半へ。

後半は、お互いに攻め合う展開。攻めてたと思ったらあっという間にピンチ、みたいな。けれどもお互いに決定力を欠き、1-1のまま試合終了。

サポ視点だと非常に残念な試合だったけど、フラットな視点で見たらかなり面白い試合だったんじゃないでしょうかね。審判はフラットに見ても微妙だったと思うけど。どうでも良いところで笛を吹きすぎ。後、危険なプレーにカード出さなすぎ。

鹿島で気になった選手。
大迫。運動量が少なすぎる。まだ19歳だし多くを求めるのは酷だとは思うけど、もうちょっと頑張ってほしいなぁ。
野沢はこの試合でも殆ど行方不明。相方がヤスな訳だし、もっと奮起してもらわないと困る。
ジョンスも引き続き伊不安定。先生も一回決定的なミス(クリアしようとして空振り)してるし、CBコンビに不安が・・・。伊野波はベンチにも居なかったけどどうしたんだろうか。大変気になる。
交代で入ったフェリペは途中、相当足が痛そうだったので怪我が再発しちゃったのかと思って凄く心配した。その後、元気に走り回ってたから大丈夫だとは思うけど。あの決定機は決めて欲しかった。

東京では重松が邪魔くさかった(褒め言葉)。最初から飛ばして行けと言われてたのかなんなのか、随所に顔を出して来て、やっかいだったわ。
石川も予想通り脅威だった。かなりうまく守れていたと思うけど、それでも何度かチャンスを作っていたのは流石。

勝てる試合だったなぁとは思うものの、負けてもおかしくない試合でもあったので、まぁ妥当な結果ですかね。
次はACLです。なんだか全体的に疲れも見えるし、ローテーション出来るところは積極的にローテして欲しいけどなぁ。オリベはやらなそうだな。

日本代表 × セルビア代表(観戦14回目) 

4月7日 キリンチャレンジカップ 長居スタジアム

全然見る気は無かったんだけど、ちょっと早く帰れたのと、ホームで0-3という結果に興味が湧いたので録画観戦。

興梠が意外にもスタメン。しかし1トップ。興梠が1トップ適正ないのは、鹿島の試合を何試合か見てれば分かるだろうに。あの面子なら普通に4-4-2でやれば良いのに。
更にセルビアは早い時間に得点したからか、かなり引いて守っていたのでスペースが無く、興梠の良さが生かせない状況だったのも不運だった。。。

さて、そんな訳で前半15分にあっさりやられた守備。プレス掛かってないのになんであんなにライン高いんですか。そこまで劇的にメンバー変わってた訳でもないのにグダグダでしたな。前半の2失点はどちらも高いラインの裏に抜け出されてやられてました。
中澤栗原はクラブでも一緒にやってるんだし、もうちょっとなんとかならんのか。SBの二人も東京で一緒の割に、同時に上がっちゃってピンチを招いたりとイマイチ。なんだかなぁ。

そして後半頭に驚愕の展開。まさかの興梠アウト玉田イン。今まであんまり試したことない選手を出すなら分かるけど、なんで玉田。今まで散々見てきた上に、コンディションも悪そうなのに。そもそもなんで興梠が半分で交代なのか。難しい環境の中で頑張って良さを出したシーンもあったのになぁ。
更に同時交代で栗原アウト(石川イン)。阿部ちゃんをCBに下げる采配。槙野入れないのかよ。本職CBの控えは要らんってことなんですかね。

後半の見所は相手のFKが決まったのと、石川が得点の可能性を見せてくれたことくらい。個人的に後はどうでも良い感じでした。

ホームで、しかも相手は2軍で監督がベンチ入りすらしていない状態にも拘らず0-3で負けちゃうのはどうなんですか。確かに相手は強かったし、日本もベスメンじゃないけど、スタメンの上積みは長谷部くらいでしょ。相手は殆どスタメン居なかったっぽいからなぁ。それでこの力の差。W杯ベスト4・・・。まぁあの監督はテストがどうたらとか言うんでしょうけど。
こんな試合やってるようじゃ、盛り上がるものも盛り上がらないですよ。せっかくのW杯なのに。

やっぱり東アジア選手権の段階で解任しとくべきだったと思うけどなぁ。2006の時もヤバイと思ってたけど、あの時以上にワクワク感が皆無だぜ。

J1東北遠征(観戦12、13回目 スタジアム3、4回目) 

4月3日 J1 第5節 NDソフトスタジアム
モンテディオ山形 × サンフレッチェ広島

100403NDスタ


広島サポの友人と東北遠征して来た。結果はかなりしょんぼりな感じだったけど・・・。

まずは山形×広島戦。山形は田代がスタメン。前節鹿島相手にアシストした誓志はなんとベンチにも入っていなかった。怪我だったら仕方ないけど、どうなんだろうか。普通に外されてたら切ない。

試合は前半は完全に山形ペース。広島はボールを持ってもDFライン上で回すばっかりで、ちっとも前に進めない。友人曰く、青山が居ないのがかなり痛い模様。
そして、守っては山形のサイド攻撃に全くなすすべ無し。再三再四決定的なクロスを上げられていた。山形に決定力が無かったから助かってたけど。そして結局シュートすら打てないまま前半終了。

後半頭から高柳を投入して、浩司をボランチに下げたことでようやく縦にもパスが入り始める。でも、エリア手前までは行くものの、そこから先が手詰まりな感じで。延々攻め続けるも、攻めあぐねる展開。
そしてそういうことしてるとやられるの法則が発動して、田代に決められちゃいました。ゴール目の前でフリーで持ったら流石の田代も決めますな。

その後も攻めはするけど・・・といった展開が続いて試合終了。気候同様、なんともお寒い内容となってしまいました。
それにしても本当に寒かった。試合直前まで降っていた雨が止んでくれて本当に良かったよ。ちなみに広島サポは300人くらいしか居ませんでした。まぁ遠いしなぁ。仕方ないか。


4月4日 J1 第5節 宮城スタジアム
ベガルタ仙台 × 鹿島アントラーズ

100404宮城スタ


悪名高い宮城スタジアムでの試合。しかし前日にNDスタゴール裏で見たせいか、かなり見やすく感じたw
NDスタゴール裏は見辛いなんてもんじゃないよ。でもどうせならユアスタで見たかったなぁ・・・。

さて試合。
開始早々、1分も経たないうちになんと失点。梁が思い切りよく打ったシュートはポストに弾かれるも、ジョンスがクリアじゃなくヘッドでイバに繋ごうとしたところを、ちっさいおっさんことフェルナンジーニョに掻っ攫われての失点。
ちっさいおっさんには本当にやられているイメージしかないんだけど、この日もやられてしまった・・・。

更に追い討ちをかけるように15分辺りでマルキが一発レッド。会場では逆サイドだったんで殆ど状況が分からなかったんだけど、審判が速攻でレッド出したから、きっと肘が入ったんだろうなと。まぁ後でVTR見たら肘は入ってなかったけど。

ビハインドの上に数的不利と、相当厳しい状況になるものの、結構互角に渡り合えてたと思う。惜しいシーンもいくつかあったし。しかし得点は奪えず前半終了。

後半も一進一退の攻防を見せるも、追加点を奪われてしまった。ジョンスが競り負けて、最後はまたもやちっさいおっさん。
いよいよ厳しくなった中、興梠が見事な個人技で1点を返すも、結局追いつくことは出来ずに試合終了。

ここまで、出た試合ではまさに別格のデキだったジョンスがこの日は非常に不安定だった。失点シーン以外でも危ないプレーが多かった。先生が頼もしかったよ・・・。
そして野沢。この試合でもミスパスが多かったし、消えている時間が多かった。今シーズンは本当に物足りない。どうしちゃったんだろうか。

篤人もコンディションが悪い影響か、殆ど目立たなかった。ただ、野沢と同じく篤人も今シーズンは(も?)ずっと不調な気がする。本当に一回休んだ方が良いんじゃなかろうか。
かと言って篤人と交代で入ってきたジウトンもイマイチ。全然仕掛けないのはなんでだろうか。小谷野も入ってきた直後に行方不明になっていた。

全体的にはそこまで酷くは無かったと思うんだけど、ちょっとずつ悪いのが積み重なっての敗戦って感じでしょうか。あーあ。

それにしてもこの試合の審判は酷かったな。マルキのレッドはまぁ仕方ないにせよ、それ以外のシーンでもいちいち笛を吹いて、物凄くテンポを悪くしていた。無駄にイエロー出す割に、本当に危ないプレーでは出さないし。意味不明。

そして宮城スタジアム。前述したように見辛さはそこまでは感じなかったものの、駐車場料金が高すぎだった。2500円ってなんだよ。ぼったくりすぎだろ。ご飯も碌なものがないし。良い印象はないなぁ。

大変寒かった上に、応援しているチームが連敗した上に内容もしょっぱいという非常に残念な東北遠征となりました。悲しいぜ。

よしもとプリンスシアターに行って来た 

よしもとプリンスシアターに行って参りました。もう10日くらい前の話だけど。
まだできてから1年しか経ってないのね。ちょっと意外。

基本的にはルミネtheよしもとと大差ない感じでした。前半がネタで、後半が新喜劇。
まぁ面白かったんだけど、4000円(当日券)払ってまた見たいか、と言われたら微妙な感じ。だったら他の事にお金使った方が良いわと思うレベル。

見た中では博多華丸・大吉が頭一つ抜けて面白かった。ライセンスも結構良かったかな。逆にロバートは、そのネタ何回目だよというくらいのいつものやつで、非常に残念だった。テレビでやってるのも含めて、ロバートのネタって2個しか知らないんだけど、他にないんだろうか。結構な回数ネタを見てると思うんだけど。

そんな感じで、プリンスシアターはそんなにオススメはしないw

ネタで出て来た面子は以下。いくよ姉さんは滑舌が大分悪くなってたなぁ・・・。

エハラマサヒロ
ペナルティ
ライセンス
ロバート
博多華丸・大吉
今いくよ・くるよ

新喜劇には永井佑一郎が出てて、ちょっとだけ~ナイツとかやってた。意外と好きだったりする。

極限脱出のゲームデザイン微妙だなぁとか 

明けて本日はエイプリルフールですな。インターネッツはさぞかし盛り上がっているのでしょう。
まぁ若干面倒なんで、今年も追っかけるつもりは無いけど。
4/1ってことはもう2010年も1/4が終了かぁ早いもんだ。

さて、最近はDSの極限脱出を移動中にプレイする毎日です。今はエンディングを3回迎えた辺り。とりあえずここまでの感想。

話自体は面白い。先が気になってついついプレイしてしまう。してしまうんだけど、とにかくめんどくさ過ぎる。
繰り返しプレイが前提のシステムなのに、なんで何度も何度も同じステージ(部屋からの脱出)をプレイしなきゃならんのだ。苦痛の以外何物でもないぞコレ。一度クリアしたステージは飛ばせるようにしたら良いのに。ステージ内の選択肢で分岐させたりしてるのだろうか。だとしても、これはデザインの失敗と言わざるを得ない。

更に一回読んだテキストは高速スキップ出来るものの、それでも面倒。一気に選択肢まで飛ばせるようにして欲しかった。選択肢までが長いよ。もう飽きたよ。

そんな訳で、アドベンチャーの肝であるシナリオは良い感じなものの、システム周りが非常に残念なので人にはオススメし難いデキ。これだけ豪華なメンバーなんだから、こんな基本的なところくらいなんとかしといてくれよ。
名前だけなのか!コンチクショウ。話が面白いだけに勿体無いよなぁと思う次第。


話し変わってACL。川崎がまた負けてしまったようで。こりゃGL突破は無理だなぁ。広島もようやく1勝だし、今シーズンの日本勢で決勝トーナメントに進めるのは鹿島とガンバだけかなぁ。
韓国勢は4チームとも好調みたいだし、代表に続いてクラブレベルでも後塵を拝してしまうのか。うーむ。

そういえば、ACLの録画放送を見るために契約したテレ朝チャンネルの解約をするのを忘れた・・・。仕方ないから上田ちゃんねるでも見るか。

そしてずっと2巻で止まってた大東京トイボックスを一気に5巻まで購入。面白いけど重いよ・・・。最近疲れてるので、もっと楽しい話を読みたいです。でも続きが気になるw

大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)大東京トイボックス 5 (バーズコミックス)
(2010/01/23)
うめ

商品詳細を見る

ペルシプラ・ジャヤプラ × 鹿島アントラーズ(観戦11回目) 

3月30日
ACL グループリーグ 第4節

開始から非常に低調な内容だったけど、中二日の連戦、激しい気候の変化、マルキ不在等と難しい状況できっちり結果を残せたのは大きいですな。このタイミングで相手がペルシプラだったのも助かったかもね。

しかし相手のペルシプラは、カシマでやった時とはかなり違うサッカーをしていた。こちらの守備陣がグダグダだったのを差し引いても、結構迫力ある攻撃をしていたと思う。その分、守備がアレな感じでしたけど。

絶賛ブレイク中のヤスは、この試合でも先制点を決める活躍。アシストは初先発のジウトン。
このアシストを含め、確かにジウトンは攻撃で良い面を見せてたけど、それ以上に守備が怖いんだよなぁ。レンタルだから、長期的に育てていこうって訳でもなさそうだし、なんで獲ったのか相変わらずよく分からない。宮崎じゃダメなのかね。見たこと無いけど。

さて、そのグダグダな守備陣の中で特に気になったのが岩政先生。なんかやけに軽いし、微妙な判断が目立ってたような。
これでもオリベは伊野波じゃなくて先生がジョンスの相方ファーストチョイスなのかなー。
その伊野波は後半守備固めで登場。応援してるよー。

この試合でも船山が使われなかったのが残念でならない。帰ってきた時のコメントに感動したので、チャンスをあげて欲しいなぁ。

そして、このお父さんが亡くなってしまったため、試合を欠場したマルキはなんと2日で日本に戻ってきたらしい。
鹿島4戦全勝!クラブ最速で決勝T!…ACL(報知)
昨年末にはお母さんがご病気で帰国していたし、そんなにすぐ戻ってきて大丈夫なんだろうか・・・。
昨シーズン終了後に流れた、今シーズンで引退してブラジルに帰るって話は本当なのかもなぁ。その心意気に答えるためにも、なんとしても今年はACLを獲りたいところ。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
03« 2010/04 »05

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。