スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビレックス新潟 × 鹿島アントラーズ(観戦13回目) 

4月2日 Jリーグ第4節
東北電力ビッグスワン

開幕3連勝対開幕3連敗対決。ここはきっちり勝ち切りたいアントラーズ。アルビとしてはホームで今季初勝利と行きたいところ。お互いに中2日だけど、コンディションはどうなのか。

前半開始から、アルビはここまでの守備崩壊を物語るようなグダグダな展開。DFラインはズルズル下がるし、その上中盤はプレスが掛からないので、アントラーズはボールを回せるし、簡単に前を向いてプレーが可能。アントラーズの先制シーンでは、篤人のセンタリングに誰も競らずに田代に決められていた。

これはワンサイドゲームになるかと思ったのだけど、失点後はアルビの目が覚めたのか、ある程度ラインを上げて、プレスもちょっと頑張る。そのせいもあってか、アントラーズは追加点を奪えない。逆に危ない場面も殆ど無かったけど。そのまま0-1で前半終了。

後半が始まると、ハーフタイムに喝でも入れられたのか、アルビが激しいプレス。中盤での激しい奪い合いに。しかしそこを抜け出した満男がミドルシュート、これはポストに当たってしまうが、その跳ね返りがキーパーに当たってオウンゴール。0-2。この場面でもアルビDFは前を開けてしまっていたね。

その後、本山が二枚立て続けにイエローをもらってしまい退場。しかし一枚目のイエローはいらなかったなぁ。多分判定に不服そうだったから出されたんだと思うんだけど、残念。この退場で、流れは一気にアルビレックスへ。セットプレーから危ない場面を何度も作られる。しかし、ギリギリのところで耐えて、アントラーズもカウンターで得点を伺う。何度か惜しい場面も。

結局、0-2で試合終了。アントラーズは4連勝で首位を守り、逆にアルビレックスは4連敗の最下位。

アルビはマリノス同様、新外国人がまだまだフィットしてないようだった。特にアレッサンドロ。アレッサンドロが代わってから流れが良くなったのも偶然じゃないだろうと思う。
ダヴィは結構ボールに絡んでて、チャンスを演出していたけど、アレッサンドロはほぼノーインパクトだったし。マルシオリシャルデスが怪我で欠場中らしいので、帰ってくるまで厳しそうだ。
アントラーズは今日もいつものスタメンだったけど、今日は田代がなかなかよさげな動きでした。篤人も前節よりは良かったような。アシストもしてたし、力強いミドルも放っていた。ただ、そろそろこの辺でしっかり休ませて上げた方がいいんじゃないかなー。笠井とかはまだフィットしてないんですかね。ベンチにも入ってないしなぁ。

また、土曜には中2日で試合だし、選手のみなさんにはしっかり休んでいただいて、次もきっちり勝って欲しい。他の優勝候補も調子を上げてきちゃいましたしね。
スポンサーサイト
大日本人@DVD 感想 | HOME | 観戦11回目&観戦12回目

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。