スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島アントラーズ × 上海申花(観戦11回目) 

3月18日
アジアチャンピオンズリーグ グループリーグ第2節
カシマスタジアム

某局のサッカー番組キャッチコピーではないけども、ACLを本気で獲りに行くなら絶対に負けられない試合。ここで負けちゃうとGL突破がかなり厳しくなるので。
ACL前節とJリーグ新潟戦がかなり酷い状態だったので非常に心配である。

そんな試合で、オリベは思い切ったスタメン。怪我明けの満男を本山に代えてボランチに。そして新井場、興梠をベンチにも入れずにそれぞれ今シーズン新加入のパクと大迫を入れてきた。パクはともかく大迫スタメンとはびっくりだ。

さて、試合は上海が思った以上にベタ引きで、FW1人を残して後の10人は自陣に引きこもる。なので、アントラーズがボールを回す展開。
引いた相手を崩すのはなかなか難しいってことで、攻めあぐねる。更に奪われてロングボールを入れられるシーンがチラホラ。怖い。

そして決定機は上海に訪れる。岩政のクリアミスからの超決定機。しかし相手がこれを外してくれて助かる。
このシーンでも感じたけど、前節の三星に比べるとやはり力はかなり落ちるようだ。守備面での厳しさもそこまででは無かったし。

なかなか点を奪えない中、時間が過ぎて行き、このまま前半終了かと思った辺りで大迫が大仕事。ここまでボールに絡むシーンが少なく、試合から消えていた大迫だったが、エリアの少し外でボールを受けた大迫が走り込んできた野沢に絶妙なスルーパス。
これを野沢が冷静に決めて、理想的な時間帯に先制点。三星戦ではこの時間にやられた訳だけど、真逆の展開になって良かった。本当に。

後半、上海は点を取らないといかんということで少し前に出てくる。お陰でアントラーズのプレスも効き始め、良い展開が増える。

そして、またもや大迫が仕事。追加点を決める。まぁこのシーンはクロスを上げたマルキが素晴らしかったけども、それでもあのボールをふかさずにしっかりと枠内に叩き込んだのは凄かった。
あそこでふかす選手が多いからねぇ・・・。

その後、アントラーズが追加点を奪えそうなシーンが何度かあったけど決められなかったり、中国得意のカンフーサッカーが炸裂してヒヤヒヤしたり(実際ダニーロが怪我で交代。大丈夫だろうか・・・)するものの、2-0で試合終了。

それにしても大迫は持ってますなぁ。公式戦初スタメンで1ゴール1アシストって。個人的にはちょっと懐疑的だったんだけど、これだけ結果出されたらグウの音も出ないぜ。
逆に途中から入った竜太は決定機を外してしまうなど、結果を出せず。期待してるんだけどなぁ。竜太には。

左サイドバックに入ったパクも良かった。豊富な運動量と、十分な守備力。おじさんとかマルキはもうちょっとパクを使ってあげても良いと思うよw
(駆け上がってもパスが出ないことが多かった。)

それと負傷後初めてフル出場した満男。まだまだ本調子ではなさそうだったけど、それでもやはりボランチに満男がいると安心感が違う。よくぞ帰ってきてくれた。

とにかく、重要な試合で勝つことができてなにより。この調子で日曜のサンフレッチェ戦も頼むよ。
カシマスタジアムに行く予定なんだけど、天気が心配だ・・・。
スポンサーサイト
容疑者Xの献身@DVD 感想 2009年11本目 | HOME | FCソウル × ガンバ大阪(観戦10回目)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。