スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京 × モンテディオ山形(観戦12回目 スタジアム3回目) 

3月21日
J1 第3節 味の素スタジアム

090321味スタ


2009シーズンリーグ初スタジアム観戦は味スタでした。

好調らしいモンテディオと、守備が崩壊して開幕2連敗のFC東京。東京のサッカーは大体分かるけども、山形はどうなのか。興味津々。

東京は、カボレと平山を先発させてきた。んで、基本的に攻撃は平山の頭かカボレのスピードというなんとも言えない感じ。
城福サッカーの代名詞であるムービングサッカーは全く感じられず。開幕2連敗で切羽詰ったのか、今年はこういうサッカーをして行くのかは謎。
そして、引いて守りを固められるとまともな攻撃を全く出来ていなかった。引いた相手を崩すのは難しいとは言え、全体的な動きが少なすぎた。

対する山形は、サイドに展開するか、長谷川に当ててそこから攻撃を構築していく形。長谷川はよくボールを収めていて、かなり良かった。相方の古橋も効果的な動き。
しかし、まずは守備という考え方なのか、フォローが少なく、あまり効果的な攻撃は出来ていなかった。

守備。山形はよくスペースを埋めて対応していた。攻め込まれたらラインを下げてゴール前を固める。結局失点はしてしまったものの、玉際の激しさもあったし、まずまず機能していたと思う。

東京の守備はイマイチ。特に最終ラインがすぐにバタバタするのが気になった。能力は高そうなのに、なんであんなに慌てちゃうんだろうか。
山形が人数を掛けなかったこともあり、大事には至らなかったが、あれでは失点を重ねているのも頷ける。

唯一の得点はFC東京。このシーンでは後ろから羽生がうまく走りこんで、山形のDF陣を振り回していた。羽生はもっとゴール前に飛び込めば良いのに。ジェフ時代程の輝きが感じられないのが残念。

山形は、ストライカータイプの外国人が入れば化けるんじゃないかなぁ。東京はどうしたいのかよく分からない。
最終ラインがもうちょっと落ち着けば、そこそこの成績は残せそう。
ちなみに平山は相変わらず引いて受けることが多く、残念だった。ハイボールの競り合いにはことごとく勝っていたし、もっとゴール前で張ってれば良いのに。

今日の試合ではジュビロがレッズ相手に引き分けたみたいだし、下位チームが盛り返してくるんですかね。
スポンサーサイト
ブルーレイディスクレコーダーを買ったのです | HOME | 容疑者Xの献身@DVD 感想 2009年11本目

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。