スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島アントラーズ × 京都サンガFC(観戦17回目) 

4月4日
J1 第4節
カシマスタジアム

代表戦やらで暫く空いたリーグ戦。何やらひどく久しぶりな感じ。

サンガは思った以上に守備重視で入ってきた。流石に守備に定評のあるサンガが引いて守ると、崩すのは難しい。お陰でボールは持てるものの、決定機は訪れず。ジリジリした展開。
サンガの攻撃は全く怖くはなかったけども。

数多く訪れたセットプレーのチャンスも、ことごとくはね返される。その中でも、惜しいチャンスは数度あったものの、精度を欠いて決められない。そのまま0-0で前半終了。

後半に入っても、攻めるアントラーズと守るサンガという構図は変わらず。さて、どうやって崩すのかと思って見ていたら、なんとサンガが先制。篤人のパスミスからディエゴにやられてしまった。

守備が堅いチームに先制されるのは相当厳しい。ここまでちっとも崩せていなかったし。
案の定、ボールは保持するものの決定機までは行けない。それでも興梠、竜太を投入して攻める。
更になんと伊野波に代えてイバ投入。左SBに入っていたパクをボランチに、青木をCBに変更。これはかなり意外だった。でも、パクのボランチはかなり良さげだった。幅が広がるのは良い。

打つ手は打ったものの、サンガの集中力は途切れない。これは厳しいか・・・と思い始めた残り10分、サンガの佐藤が二枚目のイエローで退場。
更に守備固めなのか、ディエゴが交代。この交代のお陰で、後ろを気にせず攻めることが出来たように思う。押せ押せの展開に。

そしてついに同点弾。興梠のクロスを落ち着いて竜太が決めてくれた。竜太はフリーだったとは言え、かなり落ち着いていたなぁ。素晴らしい。
更に後半終了間際、野沢の素晴らしいミドル。これをキーパーが弾いたところに興梠が詰めて勝ち越し!前節に続いて、興梠が結果を残してくれたのは大きい。チームを救った。

前半の展開から後半早々に先制された辺りで、この試合は厳しいかも知れないと思っていたけど、杞憂に終わってよかった。
サンガにヤナギとパウリーニョが居なかった事は非常に大きかったと思う。攻撃時の怖さが殆ど無かった。

次は火曜のACL。連戦が続くが頑張って欲しい。

他チームでは、マリノス、ジュビロ、ジェフの低迷が気になる。昨シーズンから苦戦はしていたけど、もうちょっと立て直して来るかと思ってたんだけどなー。まだ序盤とは言え、そろそろ結果が欲しいところだよなぁ。
スポンサーサイト
ハプニング@DVD 感想 2009年15本目 | HOME | レッドクリフ@DVD 感想 2009年14本目

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。