スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第5節(観戦21、22回目 スタジアム4回目) 

4月12日
J1 第5節
FC東京 × 鹿島アントラーズ
味の素スタジアム

090412味スタ


体調不良でカシマに行き損ねたりしてたので、今シーズン初、アントラーズ戦をスタジアムで観戦。
場所は味スタ。山形戦のFC東京はかなりグダグダだったけど、去年ここでチンチンにされてるので、油断はならん。

試合開始前、インファイトが相変わらず空気を読まない。FC東京関連(?)のバレーボールか何かのチームが良い成績を収めました的なセレモニーをしている時に、「アントラーズは無敵だぜー」コール。それはないだろう。

試合はいきなり動く。マルキのシュートが相手DFに当たってコースが変わり、先制。その後もアントラーズペースで試合が進み、危ない場面もありつつも大迫が追加点を決める。
スタジアムだと遠くて(逆サイドのゴールだったので)、最初ファール?ゴール?みたいな空気だった。後からテレビで見たら素晴らしいゴールだったね。

このまま圧勝か?と淡い期待を抱いたのも束の間、選手の足が止まる。やっぱりACLの疲労と、今日の暑さが効いていた模様。その後はかなり一方的に押し込まれる。ヒヤヒヤの連続。
そして前半終了間際に羽生にえぐられ、赤嶺に決められてしまった。やっぱり無失点では無理か・・・。

後半もFC東京ペース。防戦一方。しかし曽ヶ端が当たっている日だったお陰で、失点には至らず。今日の曽ヶ端は本当に神セーブを連発していた。ありがとうございます。
最後の最後まで危なかったものの、やっぱり曽ヶ端が頑張ってなんとか勝利。首位奪取。

それにしても、FC東京は山形戦とは別人のようにパスの繋ぎと大きな展開をしてきた。最後は向こうも足が止まってたけども。カボレ、石川が早めに下がってくれたことも助かった。特に石川は、再三再四パクをぶち抜いて、決定機を作っていたので。

この段階で、これだけコンディションが落ちてしまっていると、夏が心配だなぁ。ACLで勝ち進んでいれば、の話だけど。


続いて帰ってきてから名古屋、浦和戦をテレビ観戦。

4月12日
J1 第5節
名古屋グランパス × 浦和レッズ
豊田スタジアム

ACLでもかなりパフォーマンスが低かったグランパスと上り調子のレッズ。試合はその状態をそのまま表したような展開に。

レッズは攻守の切り替え、中盤の流動性の高さでグランパスを圧倒。得点こそ原口の1点に終わったものの、内容的には完勝だったと思う。

グランパスは恐らく疲労から出足が鈍く、セカンドボールを拾えないし、玉田が怪我をしてしまっていた(前半のみ出場)こともあって、攻撃の形もあまり作れていなかった。ダヴィはここまでリーグで4点取っているけど、チームの中ではまだあんまり機能しているように見えなかったし。

こりゃ、グランパスは早めにACL終わらせないと、リーグでかなり苦戦しそう。この間も思ったけど、層が厚くないからなぁ。どちらかに絞らないと厳しそうだ。

逆にレッズは良い調子でチームビルディングが進んでいるようで、ACLがない分、下手をするとリーグで突っ走ってしまうかもしれない。それくらい良い感じだった。これは困った。もうちょっともたついてくれると思ってたんだけど。

今にして思えば、開幕戦で当たっておいてよかったわー。
スポンサーサイト
FF13体験版とか、あれから10日後とか | HOME | ACL(観戦18~20回目)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。