スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記(2009/05/26) 

今年9冊目読了。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)


「陽気なギャングが世界を回す」伊坂幸太郎著。
映画を暫く前に見て気になっていた原作を読んだ。面白かったけど、思った以上に映画が原作に忠実だったようで、意外性は無かった。
でも映画同様テンポよく、さくさく読めた。事前知識がなければ、結構驚けたんじゃないかと思うとちょっと残念だ。

なにぶん映画から入ってるので、キャラが全員映画のキャストのイメージに脳内変換されてしまったよ。特に響野→佐藤浩市と、雪子→鈴木京香は完全に脳内変換されていた。それくらい映画のキャストがはまり役だったのかも。

伊坂幸太郎の本は初めて読んだのだけど、非常に読みやすいですな。流石人気作家なだけはある。内容も面白かったし、他の本も読んでみたいところ。
同じく映画が面白かったアヒルと鴨のコインロッカーとか。

レコに録ったままほったらかしてた、映画のメイキングである「陽気なギャングが映画を回す」も視聴したんだけど、現場に伊坂幸太郎が来ていた。イメージと全然違っててフイタ。あんなに若いのねー。なんとなくもっとおっさんでメガネのイメージだったわ。若い(実際の歳は知らないけど)のに凄いなぁ。
スポンサーサイト
天国はまだ遠く@DVD 感想 2009年17本目 | HOME | 雑記(2009/05/24)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。