スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきた 

前々から気になっていたものの、行く機会の無かったダイアログ・イン・ザ・ダークについに参加してきた。
ダイアログ・イン・ザ・ダークって何なのよと言う人が大半だと思うけど、詳しくは公式サイトを見ていただくとして、簡単に言うと自分の手さえも見えないような真の暗闇の中で、その時々のテーマに沿ったイベントをこなしていくエンターテイメントです。
日曜に参加してきたんだけど、今はクリスマスをテーマにした内容。ネタバレになるので詳細は伏せておこう。

中に入ると、本当に真っ暗で何にも見えないから、視覚障害者の方がガイドしてくれながら進んでいく感じ。8人グループにガイドさんが1人。
最初はあまりの真っ暗闇で恐怖感もあるんだけど、慣れてくると凄く楽しい。みんな初対面の人だから、どうなることかと思ったけど、見えないことが逆に幸いして自然と助け合えたように思う。面子にもよると思うけどね。自分が参加した回はみんな落ち着いていて、やり易かった。後ろから来てたグループは結構騒がしかったから、あのノリだったらついていけなかったかも知れない。

まぁでも楽しいのはあくまで安全が保証されているからなんだよなぁ。この状態で生きていかなければいけない視覚障害者の方は本当に大変なんだと、本当の意味で実感することが出来た。あれはヤバイ。
だけども、普段からそういう状態で生活されているからなんだと思うけど、ガイドの方は真っ暗な中でもサクサク動いてた上に、最後に行くBarでも配膳とかまでしていて凄かった。本当に暗闇のスペシャリストだったわ。
そのBarで見えない中お茶を飲んだりするんだけど、これも面白かった。変なもの食わされても全く分からんよアレw

そして実際は建物の中だしそんなに広いはずはないんだけど、全く見えないことと木の香りとか水音等が配置されていることで、無限に空間が広がっていくように感じられるところが面白かった。
実際は全く見えていないにも関わらず、最後のBarも、こんな感じかなーとか思っていたら、もうそんなお店なんだとしか思えないから不思議。想像が勝手に現実になるというか。答え合わせもないし。
それと、見えない中での空気の読み合いみたいなのも興味深かった。何回か、順番にこれをやりましょう、みたいなシーンがあったんだけど、いかに被らないようにうまくやるかみたいな空気が独特で良かったなぁ。

2時間弱で5000円と、絶対評価だと結構高いイベントだと思うけど、他ではまず体験できないと思うし、ちょっとでも興味が湧いたなら是非。

ただ、比較的マイナーなイベント(失礼)なのに、それにわざわざ来るようなモチベーションの高い人たちで構成されてるから成り立ってるけど、メジャーになってしまうと色んな面で難しいかもなぁとも思うのであった。なので部外者的には、運営を続けられるくらいのところで、ボチボチ流行って欲しいところ。

相変わらずの文才の無さで、殆ど面白さは伝わってないんだろうなぁ・・・。
スポンサーサイト
椿屋四重奏 TOUR'10「BRIGHTEST DARKNESS」ファイナルに行ってきた | HOME | EGO-WRAPPIN' Midnight Dejavuに行ってきた

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

sisyamo

Author:sisyamo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。